本部(東京)/国際交流/東京大学(東大国際センター部会)


東大国際センター部会春のイベント:江戸東京博物館見学(2015.5.30)

東大国際センター部会世話人代表 白井 則子

東大国際センター部会では春のイベントとして5月30日(土)江戸東京博物館の見学を行いました。その後旧安田庭園、震災記念館など両国界隈を散策しました。参加者は留学生は23名(欠席者3名は連絡あり)会員は7名、事務局1名で全員31名でした。 (出席者の国籍:中国11、台湾2、フリッピン2、スリランカ、ネパール、パキスタン、キリギス、タイ、スペイン、フランス、韓国各1)学生たちはランチを取りながら歓談し好評のうちに終わりました。

参加留学生の感想文でその集まりを垣間見てください。



1)過去に飛びこんで:江戸、安田善次郎、関東大震災

Iskender Shatmanov (キリギス)

(原文は英文のため日本語で翻訳概要。原文は後ろに掲載)

多くの留学生がなぜ勉強の場所として日本を選んだか。それは未知の素晴らし国を知る特別なチャンスと認めたからでしょう。日本の人々、文化。私もそれと同様です。五月末、三井V-Netから江戸東京博物館招待の案内を受けた時ためらいもなく申し込みをしました。この場所をまた訪れたいという気持ちになりました。

土曜日の朝、集合場所に行きました。両国駅は両国国技館、国立相撲会館が近く、有名な相撲力士のイラスト説明があります。集合後、江戸東京博物館に向かいました。建築センスでは博物館はなんとなく”スターウオーズ”のAT-ATWaker(注:イラストを参照:映画スターウオーズに出てくる)に似ていてユニークな建造物で四本の大柱で支えられています。展示ホールは上階部で、外観は古い蔵のイメージスタイルだそうです。ガイドの説明では相撲土俵に似ているそうです。

中に入ると昔の重厚な雰囲気が広がっています。その名前のとおり博物館は江戸時代、後の明治、昭和の時代と並べその古さを上手く展示しています。昔の建物、所蔵品の多くのレプリカが博物館に調和しています。有名な日本橋から江戸に入る道など興味深く、そこから中村座歌舞伎劇場に、日本初(江戸)の高層建物の縮尺模型が飛び込んできます 。昔使われていた家財道具の展示もありました。ミニチュアの海岸べりの住宅。その近く橋の下に浮かんでいる風呂桶に驚きました。そしてたくさんの山積みとなった石の利用法にも同様の驚きがありました。これについて納得いく説明とは?博物館の展示物の説明は簡単にはできないが、”百聞は一見に如かず”と言う諺通りです。

博物館見学後ランチを食べ旧安田庭園に移動しました。ここは昔の安田善次郎の資産として一般公開されています。安田講堂は東大本郷キャンパスの建物として知られていますが東京大学に安田講堂を寄付したこの人の名前についてはあまり知られていません。ここは色鮮やかな魚がいる池、風の小道、石像がある物静かな安らぎを感じる日本式庭園で超現実的なものを感じます。精神的、文化的な遺産の存在。そこでは調和した雰囲気が受け継がれています。

最後に横網町慰霊碑公園を訪れました。ここは1923年関東大震災での犠牲者追悼のための記念公園です。悲しみに耐え亡くなった住居地の写真はレンズテクニックによって東京の血も凍るような恐ろしい状況を映し出しています。歴史事実に対して思いの深い扱いは若い世代の記憶に残る写真として敬意の念を抱かせます。

最後に三井V-Netに歴史探訪の企画をしていただき、良い機会を得たことに感謝します。両国地域にまだ行っていない方はこの”experience tour”の参加を是非してみてください。決してがっかりさせないと思います。特に博物館には英語の案内ができるスタッフもいます。

最後まで木の橋の近くの石の山の利用法に疑問が残りましたが・・。答えは簡単で橋台の基礎補強のためのものではなく、水位が高い時期の橋が流されるのを防止するものでした。


(原文)

Spurt to the Past: Edo, Yasuda Zenjiro and the Great Kanto Earthquake

Among bulk of the reasons why a lot of students from around the world choose Japan as a place to study, one might distinguish a unique contemporaneous chance to get acquainted with this outlandish and gourgeous country, its people, and culture. It's true for me too. When it has been announced that Mitsui V-Net invites students from UTokyo to join a visit to Edo-Tokyo Museum in late May, I sent registration request without any hesitation because it entirely coincided with my ongoing will to get back this area one day.

In scheduled Saturday morning, I've been already on my way to the meeting point at the west exit of JR Ryogoku Station decorated with artworks depicting famous sumo wrestlers as it is also known for its close proximity to Ry?goku Kokugikan or National Sumo Stadium. Soon after all participants are gathered, the procession headed to Edo-Tokyo Museum. In sense of architecture, the museum that fuzzily resembles AT-AT Walker from Star Wars is a quite intricately built construction - the exhibition hall is located on the upper level supported by four massive pillars. It is said that external appearance of the museum was inspired by the shape of an old storehouse in the kurazukuri style, but answering to the same question one of our guides suggested that it looks more like a sumo ring rather than something else.

Viscous atmosphere of olden times promptly swellowed everyone up. As it comes from its name, the museum exhibits hoary Edo era complemented by the later Meiji and Showa periods. Allotted time was passing in a jiffy. The museum harmonically accommodates many replicas of different buildings and items from bygone era. It’s really interesting to see for yourself how famous Nihonbashi bridge leading into Edo was looked like, find out about Nakamuraza Kabuki theater, unexpectedly encounter scale model of first Japan's skyscraper, and explore household items being in use many years ago. When turned to the coastal settlement in miniature, we were astonished by floating baths as well as by the role of massive pile of stones unloaded near wooden bridge. Can you guess any plausible reason? The narrative about the museum and its exhibitions might easily exceed any format, so it'd be worth saying that it is better to see it at least once by your own rather than listen a story many times.

After visit to museum and short stop for a lunch in its basement, the group moved to Kyu-Yasuda Garden that was served as a property of Mr. Yasuda Zenjiro in former times. Few people know that the name of Yasuda Auditorium, the most recognizable building of Todai located in Hongo Campus, derived from the name of that person who donated it to the University of Tokyo. There is something surrealistic in these tranquil and peaceful Japanese style gardens with polychrome fishes in ponds, winding paths and quaint stone sculptures. One might most probably come up with an insight that they are an indefeasible part of spiritual and cultural legacy, which antecede an atmosphere of the nation's inner harmony.

The last scheduled place to visit was Memorial Hall in Yokoamicho Park erected to commemorate innumerable victims of the Great Kanto earthquake in 1923. Those bloodcurdling days for Tokyo resemble in form of photo composition capturing the moments of sorrow endured by its gone residents. Undoubtedly, such careful treatment of historical facts that serves as an ocular reminder to the younger generations is a matter of great respect.

Wrapping up, I'd like to take this opportunity to express my deepest gratitude to Mitsui V-Net for the perfectly organized congnitive historical excursion. I strongly recommend to join this 'experience tour' for those who have not visited Ryogoku area yet ? definitely, you will not be disappointed, especially since the museum has English-speaking stuff.

In conclusion, let's get back to the question about the role of massive pile of stones unloaded near wooden bridge. The answer is simple - the basement of bridge pillars wasn’t reiforced, and stones were used as a load to prevent bridge to be washed away during high water periods.

Iskender Shatmanov, Todai student from the Kyrgyz Republic


2)江戸東京博物館イベントに参加して

孫安祺(中国)

日本に来てからもう半年ですが、なかなか江戸東京博物館に行く機会がなかったです。残念だと思っていたうちに、三井V-Netのイベントを見ました。これをきっかけで、江戸東京博物館の常設展を見に行きました。

現物の半分くらいの長さの「東京橋」を渡って、いきなり江戸時代までにタイムスリップしました。町人地、大名屋敷、江戸城を次々に見ました。そのうち、ボランティアのガイドさんから、「火事が起こった時、水をかけるより周りの建物を壊して火事を止めます」や「台所は今のキッチンとは違って、ご飯を作るところより、出来たおかずを並べるところで、しかも地位の高い家しか持たないです」など色々面白い「豆知識」を教わりました。

階段を降りてから、現物とそっくりな下町の風景を体験しました。息苦しいほど狭い長屋や、鳶職人の重くて派手な纏い、今とは全然違うデカイ江戸寿司...まだ江戸の雰囲気に耽ていたところ、時代ががらっと変わって、今度は明治維新以後の「東京」になりました。

鹿鳴館、銀座四丁目、凌雲閣、円タク...文明開化の雰囲気がぷんぷん漂いました。ハイカラな服を着ている紳士や、お洒落なモダン・ガールとも出会うかなと連想していました。その後、風船爆弾などに代表された戦争の時代を経て、戦後に入りました。昭和三十年代の団地を見ると、近代ののんびりした生活パタンとは何か違うような気がしました。

平成に入ると、速くなってきた生活のぺースと応じるか、展示品も凝縮した形で、一面にぎっしりと並んでいました。それを見ていたうちに、徐々に親近感を感じました..。

展覧会を観終わってから、皆さんと一緒に食事をしました。白井先生の手作りのちらし寿司を食べた時こそ、ようやく平成二十七年に戻ったと実感しました。

東京江戸博物館の見学はとても楽しかったです。東京の歴史とその変遷をしみじみ味わってきて、大変面白い体験だと思います。

以上



戻る