本部(東京)/一木会


一木会平成30年1月例会を開催

1月11日(木)午後4時より三井住友海上本社ビル14階会議室において一木会1月例会を開催しました。1月ということで会員に加え関係先招待者、三井V-Net八木理事長を含め51名が参加して、理事長新年あいさつ、事務局報告に続き生活習慣カウンセラー市川慎二氏の講演の後、同ビル2階会場で親睦会を行い、講師も含めて参加者間の相互親睦を図りました。

八木理事長新年挨拶

<例会概要>

1.理事長新年挨拶

八木理事長より新年の挨拶に併せて、三井V-Netが設立後20余年を経過し、4つの分野で年間延べ10,000名を超える会員が活動していること、東京本部・関西支部・中国支部の各地域での活動内容の紹介、さらに三井V-Netの今後の方向性、新規会員の拡大、運営会社の拡大という3つの課題について話しました。




誉田事務局長から報告

2.事務局報告

誉田事務局長より、ニュースレター1月号が発刊されたこと、物品提供支援の品目から使用済インクカートリッジが除かれることになったことが報告されました。

3.講演

生活習慣カウンセラーの市川慎二さんから、「潜在意識に語りかけて気持ち良〜く眠ろう!−深〜い眠りは自然治癒力をアクティブにする」と題して、実際に講師がカウンセリングを行った人の例をまじえて、深い眠りの大切さ、不眠の克服方法を説明し、また参加者全員 に目をつぶってもらって睡眠誘導する実演も行いました。

深〜い眠りを得るには

なお眠りに関する著書も紹介されました。

<次回開催予定>

2018年4月26日(木)に、商船三井ビル会議室で開催の予定です。 講演の講師は、三井V-Net会員でもある寺島靖夫氏を予定しています。
3月下旬ごろ会員宛に開催案内を行う予定です。

以上


戻る