本部(東京)/国際交流/東京大学(柏部会)


東大柏部会「生け花ワークショップ」開催(2015.7.8)

東大柏部会 中沢幹雄(商船三井ロジスティクスOB)

「天、地、人、これは花を生ける際の三要素でそれぞれ働きがあります」と通訳を交え留学生そしてサマースクール短期インターシップ生に花の生け方を説明するのは、古流松藤会の中島先生です。

7月8日東大柏キャンパスで生け花教室が開かれ、ペルー、南アフリカ、中国など12か国からの留学生22名が参加しました。用意された水盤には剣山が置かれ生け花は初めての皆さんは、先生の指導の下、全体のバランスを取りながら剣山に一本一本慎重に花をさしていきました。出来上がるとそれぞれ良く生けてあり、参加者は嬉々として花と一緒に写真を撮り合っていました。

中国からの留学生は、「初めての経験でとっても楽しかった。天、地、人は、何となく中国的ね」との感想を述べていました。実は、ボランティアとして参加した私達も恥ずかしながら日本人でありながら生け花のことをあまり知らず日本文化の勉強になりました。

今回の生け花教室は、東大柏キャンパスの国際本部国際センターが主催で私共会員が企画、準備段階から協力し当日は、7名で花、花器など会場に運び込みセットし、終了後はきれいに清掃を行い、国際センターの方から「ご協力に大変感謝しています」との言葉をかけられました。

入口看板 先生のお手本
先生の指導を熱心に聴きながらも、和気あいあいと楽しく学びました


戻る