本部(東京)/国際交流/東京大学(柏部会)


東大柏部会「英語落語会」を開催(2016.11.25)

東大柏部会 宮田 哲(商船三井OB)

11月25日(金)午後5時〜7時に東大柏キャンパス図書館棟メディアホールで英語落語会を三井V-Net柏部会主催、東大柏国際オフィス、図書館共催で開催しました。これは留学生に日本芸能のひとつである落語を紹介するということもありますが、むしろ落語を楽しんでもらいたい、日本にもこんなにユーモアの文化があるんだよと知ってもらおうという趣旨で開催したものです。

今回は観客として留学生、学生ばかりでなく教職員、研究者、図書館友の会会員、地域の国際交流協会の方たちに呼びかけましたが、東大柏・三井V-Netでははじめてのこころみであり、当初は参加者が集まるか、出演者が参加者が少ないと演技に熱がはいらないのではと心配していましたが、関係各位の尽力で当日は80名強の人に参加していただきほっとしました。出演者は私も所属している東京英語落語かい枝会の皆さんにお願いしましたが、皆さんも当会開催の趣旨に賛同してくださり、仕事を持っている方も半日休暇を取り出演してくださいました。高座設営は、英語落語会の方が机を高座台としその上に赤い毛氈を敷き、背景には小粋な振袖を配し、あっという間にはなやかな舞台が設営されました。

“What is Rakugo?”のアメリカ人日本人のコラボによる落語紹介で幕が明け、その後はかい枝会のみなさんによる英語落語が披露されました。演者は聴衆の反応の良さもあり熱演につぐ熱演で、留学生のなかには涙を流して笑っている様子も見えました。閉幕後の出口でお客様を見送りましたが、留学生からも日本人の方からも一様に、素晴らしいentertainmentであった、皆さん素人なのですか?玄人かと思いましたよ、来年もお願いしますよとの嬉しい言葉をいただきました。



戻る