本部(東京)/国際交流/横浜国大部会


神奈川新聞横浜花火大会に参加して(2015.8.4)

横浜国大部会会員 渡辺 直敬

8月4日恒例のRCA国際交流委員会による神奈川新聞横浜花火大会にフェリス女学院大学、横浜国大留学生を招待。希望者には午後3時に緑園都市地域交流センターでゆかた貸出し、着付けを地域の方にお手伝い願い、6時にそごう時計台下に他の留学生と共に集合、昼からシートを確保したポートサイド公園にご案内しました。

ちょうどこの日は遅くまで集中補習講義に参加するフェリス女学院大学の留学生があいにく参加できず、横浜国大JOY留学生も別のイベントがあったようで、ちょっと華やかさに欠けますが、横浜国大からカナダ、イタリア、ボスニア、韓国、中国からの留学生7名、MV-Netからは会員及びご家族含めて8名が参加、RCA国際交流委員会からは私を含め4名のメンバーがお世話をさせていただきました。

当日は20万の人出で混雑しましたが、天気にも恵まれ、程よい風で、19時からの天空に大音響と共に大きく舞う迫力のある花火の競演に歓声や、拍手をたたき皆大満足のようでした。

またゆかたを着た留学生も「かわいい」とお互いほめられ 日本の風物詩を心行くまで楽しんだようです。20時10分ごろ終演、京浜東北線の架線切れ事故などもありましたが、私たちの会場は横浜駅から歩く距離なので、相鉄線や地下鉄には影響なく、他の方もバスなどで無事帰宅できたようです。留学生からはこんな「美しい花火は初めて」、「汗だくでのシート確保に感謝」、「ゆかた着付けに大興奮」などお礼のメッセージが届きました。

きっと日本留学のいい思い出として一生記憶に残るでしょう。



戻る