本部(東京)/国際交流/横浜国大部会


鎌倉建長寺での座禅の会(2016.6.4)

行事世話人 布野 剛甫
 (三井住友銀行OB)

今回で11回目の座禅体験会でした。中国・韓国・バングラデイッシュの留学生12名、横浜国大教員1名、国大部会員10名計23名の参加がありました。池の鯉を見ながら縁側で昼食を頂き、寺内の主要な建物や去年できた“虫塚”を見学したりして留学生も楽しめた1日でした。中国からの留学生が感想文を書いてくれましたので、下記に掲載させていただきます。

座禅感想文

梁 中 云(Liang Zhongyun)

今日6月4日、鎌倉へ行って座禅をしました。

朝、私たちは鎌倉駅に集合しました。

鎌倉はとても古くて綺麗な町です。私はお寺と日本の伝統文化が好きです。

座禅をした部屋は畳でした。建長寺の和尚さんに座禅の仕方を習いました。座布団を使い、片方の足を両手で上げて、反対の足も上げて、両足が上がったところで、姿勢を調えます。座禅をするとき、目は開いていると習いました。

座禅の時間は毎回10分ぐらいしました。高僧は寝ないと言われました。でも私は眠くて困りました、建長寺の座禅体験は面白かったですね。

その後、私たちとボランティアは建長寺の中を見学しました。もう沢山の日本の文化を知りました。とても 有意義な旅行でした。

(全員で集合写真)




戻る