■ 本部(東京)/国際交流/駒大部会

駒澤大学の交換留学生を対象として、日本語により一対一で交流し、日本語のレベルを向上させる取り組みの他、4月最初に留学生と会員との「顔合わせ会」に始まり、「富士見ツアー」、「鎌倉散策」、「茶道」、「紅葉狩り」、「歌舞伎・能狂言・文楽鑑賞」等のイベントを開催、留学生に日本をより広く理解してもらえるような、多分野にわたる活動が行われています。一対一交流の活動は主に平日となります。

2019年度の活動状況はこちら

★2020年度以降は、新型コロナウィルス感染症対策により、一対一交流は主にオン ラインにて継続し、各種イベントにつきましては休止していましたが、2022年度以降は 一対一交流は対面方式、各種イベントも感染防止に留意しながら可能な範囲で再開して います。ちなみに2022年度で再開したイベントは「世田谷周辺散策」、「茶道体験会」 、「鎌倉・江ノ島散策」、更に「奥多摩紅葉狩り」も企画しましたが、雨天で中止とな っています。


〜活動レポート〜

鎌倉散策実施報告 (2022年12月11日)

駒澤大学部会 白井信雄
(三井住友銀行OB)

サッカーW杯での日本チームの活躍の興奮も冷めやらぬ12月11日、駒澤大学部会では大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で注目の古都鎌倉と湘南の海を楽しむイベントを実施しました。参加者は留学生3名会員4名の計7名。コロナ禍で来日する留学生がいなかったこともあり2019年以来3年ぶりの鎌倉です。

当日は、8時30分駒沢大学駅に集合。残念ながら、当日未明のW杯対イングランド戦の応援に熱中して寝坊した?フランスからの学生やこのところの急な冷え込みで体調を崩した学生など計3名が急遽(きゅうきょ)不参加となりました。しかし、留学生同士のコミュニケーションがよくとれているので確認の手間もそうかからずほぼ予定通り10時には鎌倉駅に到着しました。

今回のコースは、鎌倉駅前から市役所通りを経由して高徳院(大仏)、長谷寺、そして稲村ケ崎へ、ここまでは徒歩。稲村ケ崎で江の島と富士山を眺めて鎌倉に戻り段蔓(だんかずら)を歩いて鶴岡八幡宮に向かうというものです。

鎌倉駅から30分ほど歩いて高徳院に到着。朝が早いこともありますが、やはりコロナの影響のためか海外からの観光客が少なかったので、澄み切った青空を背に聳える大仏をゆっくり眺めることができました。例年だと境内では中国語が飛び交っていますが、今年はほとんど耳にすることもなくタイ語やスペイン語のガイドさんが目立っていました。ニュース等が伝えるほどには海外からの観光客は戻っていないなと感じました。

感染防止対策の一環で大仏の体内に入ることができなかったのは、鋳造の大仏を実感できる機会だったので少しがっかり。でも、境内をゆっくり歩けたので整然と佇んでいる礎石を見ることができて、留学生の皆さんは建立当時の大仏殿の大きさを実感することができたと思います。

高徳院を出た後、すぐ目の前の鎌倉観光会館味亭で昼食です。ここも例年は内外からの団体観光客で満席なのですが、空席がめだちました。おかげでゆっくり名物の「とり御膳」を食することができました。ただ、若い留学生にはインスタ映えする食後のアイスクリームの方が人気で、スマホで写真を撮りあいながら結構盛りあがっていました。

お昼をとった後、長谷寺へ。途中、道は少し混雑していて鎌倉らしくなっていました。長谷寺では、本尊造立1300年記念とかで金色の山門のちょうちんがわれわれを迎えてくれました。境内の紅葉はまだ残っていたので、11月雨で中止した奥多摩紅葉狩りの代わりに長谷寺での紅葉狩りを楽しむことができました。これも1300年のご利益か。ご本尊である十一面観音菩薩像を前にその大きさに目を奪われながら静かに手を合わせる留学生の皆さん、それぞれ何を願っていたのでしょうか。

長谷寺を出ると稲村ケ崎まで、途中御霊神社の鳥居そばで江ノ電を眺め、歌舞伎の演目『暫』(しばらく)の主役鎌倉権五郎ゆかりの「力餅」を食べながら、由比ヶ浜沿いの道を稲村ケ崎に向かいました。幹事から「新田義貞はこの稲村ケ崎から鎌倉に攻め込み鎌倉幕府を滅亡させた」と説明を聞くも、留学生の皆さんは目の前の陽光を浴びて輝く海に気をとられ上の空のようでした。

歩くこと30分、ようやく稲村ケ崎に到着。ここは古戦場として有名ですが、七里ガ浜越しに江の島や富士山を一望できるので浮世絵にも多く描かれていて「かながわの景勝50選」に選ばれるほどの名所でもあります。あいにく当日は霞んでいて富士山は見ることができませんでしたので、留学生の皆さんには前回来た時の写真を見てもらって我慢してもらいました。穏やかな相模湾でウインドサーフィンを楽しむ人々を見ながら、ここでしばし休息。歩いて汗をかいた体には海からの風がとても心地よく、この海が東京オリンピックのヨットの会場だったことを思い出しました。

稲村ケ崎からは江ノ電で鎌倉に戻りました。台湾からの留学生がアニメ「スラムダンク」の聖地江ノ電の鎌倉高校前踏切のことをよく知っており、「ぜひ見たい」とのことでしたが「残念ながら鎌倉とは反対方向なので見れないよ」と伝えると少し残念そうな表情。やむなくホームの表示板を写真に撮っていました。聞くと、お父様が大のファンだったとのこと。改めて留学生との年の差を知らされました。

鎌倉駅に戻ると駅前はさすが混雑しており、鎌倉はこうでないとと思いながら鶴岡八幡宮へ向かう。そして、段蔓(だんかずら)を歩くのはやはり春かなとも思いながら。

鶴岡八幡宮では、実朝暗殺の舞台ともなった隠れ大銀杏と本殿をバックに記念写真。このご神木は2010年に強風で倒れましたが今新しい芽が元気に育っており「再生・生命力」のパワースポットですのでご利益がきっと皆さんに届くことでしょう。

白旗神社で、池の鯉や鴨に餌を投げ与えながらしばし休息。

これで、古都鎌倉と湘南の海を楽しむ小さな旅は終了です。鶴岡八幡宮と縁が深い銘菓「鳩サブレ」を食べながら鎌倉駅に向かいました。帰りは、小町通りでゆっくり休めなかったこともあって座って行ける渋谷駅直通の湘南新宿ラインを利用し、17時半には駒沢大学駅に無事に到着することができました。皆さまお疲れ様でした。

参加した留学生や会員の皆さま、そして本部事務局の皆さまご協力ありがとうございました。お陰様で今回のイベントを無事に終えることができました。この場をお借りしましてお礼申し上げます。

以上

高徳院にて 感想文筆者は左側味亭の前で
長谷寺にて鶴岡八幡宮にて

鎌倉散策(2022年12月)参加感想文

駒澤大学交換留学生
(台湾、義守大学)
チン エイヨウ

私は台湾から来た交換留学生で、私はチンエイヨウと申します。

三井V-Netが主催するイベントに参加したため、私の日本留学生活は充実していた。私たちは高徳院、鶴岡八幡宮と長谷寺を見学しました。そして、高徳院の仏像は日本の3大仏像の一つであり、実際に行ってみたら本当に壮観でした。長谷寺には美しい紅葉の森が見えました。見学後、おいしい日本の伝統料理も食べました。寒い天気に暖かいご飯と汁物を添えて、暖かさを感じさせました。昼食の味も言葉では言い表せないほどおいしかった。途中で私が食べたいアイスクリームや地元の軽食や餅、わざわざ時間を作ってくれて、さらには買ってくれて、ありがとうございました。

私たちはその後江ノ島電車に乗りに行きました。道端を歩きながら沿岸の景色を眺めて、海風が吹いて、本当に楽しかった。富士山を見ることもできず、足がずきずきするが、見渡す限りの海の景色は本当に美しく、すべてが価値があった。三井V-Netのおかげで日本をもっと愛するようになりました。

(原文のまま)


茶道体験会開催報告(2022年11月19日)

駒澤大部会会員
小島賢治(三井物産OB)

当日は天候に恵まれ、駒澤大学深沢キャンパス内にある日本館に6人の留学生が参加してくれました(台湾1名、韓国2名、フランス2名、フィンランド1名)。

10時半から先ずは隣接する離れの「而今庵」(にこんあん)を見学しました。このお茶室は三畳台目の典型的な利休様式です。

最初に飛び石の説明から。欧州のシンメトリー(対称的)な造園に比べ、日本では意図的にランダム(ふぞろい)な配置を。例えば踏み石も同様で、ふぞろいゆえ下を見て注意しながら歩かざるを得ません。そして茶室のそばに来て初めて目を上げ前を見ると画面がパッと開けます。これが日本の美意識なのです。といった説明をしてから、躙り口(にじりぐち)より茶室の中へ。

茶は奈良時代に中国から伝来しますが、最初は薬用でした。その後、室町時代に入り、村田珠光(じゅこう)、武野紹鴎(じょうおう)を経て、千利休により茶道として体系化されます。いわゆる「わびさび」の世界です。それの典型がこの茶室です。質素な土壁、竹の骨組みと天井。そして茶道は、お茶を飲む作法ばかりでなく、茶碗、掛け軸、生け花、などのトータルなセッティングによる最大限のおもてなしの表現世界なのであります、と解説。これが済むと、大広間に戻り、茶道具の説明に。特に熱が入ったのが茶杓(ちゃしゃく)です。すべて私の自作品なので自然と解説にも力が入ってしまいました。

さて、11時15分からは薄茶をたてる体験教室です。見よう見まねで各自頑張りました。おいしかったとのことで全員2度目に挑戦。今度は皆さんちょっと上手になってカプチーノ的な泡立ちになりました。参加会員から菓子皿やお茶菓子(干菓子)の差し入れもあり、ぜいたくな薄茶体験ができました。

最後のアトラクションとして、やはり会員のご手配で、「投扇興(とうせんきょう)」と「貝合わせ」など、日本の遊びの体験も致しました。われわれも初体験のことにて場が大変盛り上がりました。

ということで予定した12時になり、無事終了となりました。留学生たちもさぞかし喜んでくれたと思われます。

会員の皆さんには道具の拝借など大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。


茶道体験会参加感想文

駒澤大学交換留学生
(韓国、東国大学)
キム シラ(金 時羅)

元々韓国にいた時からお茶は好きで、今回本場の茶道の体験ができる機会を得て本当にうれしいと思いました。

自分でお茶を入れて飲むことだけではなく、茶道に関する伝統的なことを色々教えてくださってとても記憶に残る思い出になったと思います。特に日本館にある茶室の構成を自分の目で一つ一つ確認しながら説明を聞いて「茶道」という文化が日本の歴史とも密接な関係があることを理解しました。茶道の時、客の出入口は現世と別世界の結界の役割で、主人の出入口とは違うというところも印象的でした。特に体験会の日には他の交換留学生さんと偶然に白い靴下をはいて行きましたが、会員の方からそれが礼儀だと言われて、新しいことを学べたと思いました。

茶道の体験の前に茶器についても説明を聞きました。茶碗が種類によって値段が別々だとは知っていましたが、宝として保管されているのもあることは初めて知って驚きました。

普通、抹茶といえばアイスクリームとか、お菓子の味の印象が強かったのでそのままの抹茶はどんな感じか気になりましたが、思ったより甘くない味だったと思います。なので会員の方が準備してくださった甘いお菓子を一緒に食べて、相性が良かったとおもいます。

抹茶の粉とお湯を混ぜることは難しかったんですが、むしろその過程を通じて一口一口がより大切に感じられました。

いろんな事を学べたと思います。ありがとうございました。

以上

(感想文筆者は前列右から2人目) (茶室にて小島講師より茶道講和)
(広間に戻り茶道具の解説)(茶碗の持ち方を教わり、さあこれ
から薄茶をたてます)

秋の世田谷散策を楽しみました

駒澤大学部会
畑中 正彰(三井物産OB)

秋の長雨の合間を縫うように晴天となった10月16日(日)午後、駒澤大学の交換留学生7名と駒大部会・会員9名で秋の世田谷区内を散策しました。

この企画は、もともと毎年春来日早々の留学生に駒澤大学が所在する世田谷区をより知ってもらい、親しみをもって生活してもらいたいという願いから世田谷区内の名所旧跡を散策することから始めたもので、その秋の企画です。

今回は、等々力渓谷(とどろきけいこく)と九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)の2ヵ所を訪問しましたが、在籍する交換留学生7名全員(内6名は9月来日)が参加してくれました。

当日午後1時に駒澤大学深沢キャンパスの入口に集合してもらい、当日夕方までの行程を説明後、バスで等々力に向かいました。

等々力渓谷での散策は少しゆっくり歩いて秋の渓谷を楽しみたかったのですが、久しぶりに雨の上がった日曜日午後で人出も多く、前からも後ろから人が来る状態であったため、約1キロの遊歩道を一列になって歩いただけで終わったのはちょっと残念でした。

散策終了後、日本庭園内芝生広場で記念撮影し、和風お休み処雪月花にて留学生の皆さんに「あんみつ」と「ラムネ」を賞味してもらいました。「あんみつ」の“あんこ”と「ラムネ」は特に好評でした。 その後等々力不動尊を経由して等々力駅から九品仏に向かいました。

九品仏浄真寺では、まず浄真寺に向かう参道から総門、山門への道のりと境内の緑の多さに日本の寺院の雰囲気を感じてくれたと思います。

境内では、下品堂(げぼんどう)、上品堂(じょうぼんどう)、中品堂(ちゅうぼんどう)の順に拝観し、それぞれのお堂の概略を理解してもらい、本堂では同寺院の開祖珂碩上人(かせきしょうにん)の自作である釈迦牟尼如来像(しゃかむににょらいぞう)を拝観しました。

拝観終了し、東門から出る際に鐘楼(しょうろう)で鐘を打つ音が聞こえ、いやが応でも寺院に来たという気持ちになれたことは幸運であったような気がします。

九品仏浄真寺拝観後、徒歩で自由が丘に向かいました。 自由が丘では駅前一帯が歩行者天国であったこともあり、駅前で「たこ焼き」詰合せを購入し、大阪の味を自由が丘で留学生の皆さんに賞味してもらいました。 もちろん、「おいしい!おいしい!」と大好評でした。

そして、みんなで「たこ焼き」をつまんでいた時、台湾から来た留学生が隣に座っていた若い女性にあいさつしたところたまたま同じ台湾から来た別の学校の留学生だったとかのハプニングもあり最後に結構盛り上がっていました。

午後1時に駒澤大学深沢キャンパス前からスタートした今回の世田谷散策は午後4時半に自由が丘で幕を下ろし、自由が丘から駒大深沢キャンパス前行きのバス停を案内して解散しました。

今回、後期の一対一交流希望交換留学生6名全員が参加してくれたことから、集合時点で学生と交流担当会員を引き合せることができ、スムーズな交流をスタートさせることができたと思います。

10月16日初秋の日曜日の午後、交換留学生の皆さんには世田谷区の名所旧跡を堪能してもらえたものと思います。 

駒大国際センター前バス停等々力渓谷にて
日本庭園内芝生広場にて九品仏浄真寺総門前にて
九品仏浄真寺山門前にて九品仏浄真寺鐘楼前にて

深大寺散策(2022年6月26日)

駒澤大学部会 竹田 努
(三井住友信託銀行OB)

梅雨晴れの一日、駒澤大学の留学生3名(韓国からの二人とフランスからの学生)と三井V-Net会員4名とで東京郊外、調布市の深大寺を散策しました。

深大寺は、都内では浅草寺に次いで二番目に古く8世紀に創建された古刹(こさつ)です。また、2017年に国宝指定された釈迦如来像(都内で唯一寺院に安置されている国宝)を拝観することができます。

この企画は、留学生との一対一交流の中で留学生から「お寺に行きたい」という希望から生まれたもので、他の留学生や会員にも広く声をかけ実施しました。このような企画を、駒澤大学部会では年度初に計画する「グループイベント」に対して「この指とまれイベント」と呼んでいます。

当日は大学最寄りの駅から私鉄とバスを乗り継ぎ、深大寺の近くで降りて歩き始めました。

先ず、バス停近くのソバを栽培している一画で、江戸時代からの深大寺と蕎麦(そば)との関わり、歴史を紹介しました。

続いて、「不動の瀧」と呼ばれる水場では、現在の東京西部、その周辺地域に6世紀初めには朝鮮半島からの渡来人が住んでおり、古代から湧き水の豊かなこの土地はこれらの人々の水源地であったことを説明しました。

山門近くには、調布市の名誉市民であった漫画家・水木しげるにちなんだ鬼太郎茶屋があり、カッパが出迎えてくれました。

本堂脇には大きな無患子(ムクロジ)の木があります。そこでは、追羽根の絵を見せて日本の正月の羽根突きを説明し、このムクロジの種が羽子の球に用いられることを話しました。同行の会員のお一人が自宅のムクロジから採った種を事前に用意していただき、それを皆に配りその硬さ、大きさを実感して記念に持ち帰って貰いました。

江戸時代末期に建てられた旧庫裏では、土間や当時使われていた釜、石臼などを見て、その頃の生活を想像して貰いました。

元三大師堂では、「おみくじの祖」と言われ、またその霊力により平安時代から近世、現代まで、上流階級から庶民まで幅広い信仰を集めた元三大師について、いくつかのエピソードを紹介し日本の宗教事情、宗教感覚の一端を知ってもらいました。

深沙大王堂では深大寺発祥にかかわる水神伝説を紹介し、そのエピソードから男女の縁結びの信仰を集めていること、またその水神・深沙大王と玄奘三蔵の西遊記との関係などを紹介しました。

境内で最後に拝観したのは釈迦堂です。ここには2017年国宝に指定された釈迦如来像が安置されています。この像は深大寺創建前、畿内で造られた7世紀後半白鳳期を代表する仏像です。また、昭和の半ばまで元三大師堂の裏にあり顧みられなかったものが再発見されたものです。このエピソードは留学生の興味を引いたようでした。

境内の主なお堂を1時間程かけて案内しました。コロナ禍でなければ皆で蕎麦を味わいたいところですが、一行揃っての飲食は避けることとし自由散策の時間を小一時間取ることとしました。その自由時間では、それぞれ蕎麦を食べたり、土産物を探したりして楽しみました。

深大寺は都心から1時間ほどで来ることができ、門前には蕎麦屋、茶屋、土産物屋が多数並び、高い建物はなく、一回り、二回り前の時代の雰囲気を味わうことができます。

留学生は、歴史的に渡来人が住み着いていた地域性、朝鮮半島や大陸からの文化の影響、日本の宗教文化・生活文化を見聞し肌で感じ、国宝の仏像を拝観し、さらに日本の食文化「蕎麦」を味わった盛りだくさんの一日でした。

以上


「浴衣体験会」開催報告

駒澤大部会会員 荒山朝子

日時: 2022年7月2日(土) 13:00〜15:00
場所: 駒澤大学深沢キャンパス内日本館和室にて開催

 

参加者は留学生6名(フィンランド2名、フランス1名、韓国3名)会員8名合計14名でした。

留学生は一人を除き、全員半年の日本留学生活を終え7,8月に帰国予定です。

短い留学生活の中で、何とか日本文化の一端を体験し、日本を好きになって帰国してもらいたいたいと会員一同願っておりました。

幸いにも、深沢キャンパス内の日本館和室をお借りすることができ、日本文化を紹介するのに最適な環境に恵まれました。

当日は広い和室に、会員および友人知人のご協力のもとに集まった浴衣や帯をはじめ、髪飾り、扇子、うちわ、お菓子入りの巾着袋などを並べました。好きなグッズを選んでもらいました。着付けは、女性会員も一緒になってアレコレ試行錯誤しながら、なんとか完了! 留学生はそれぞれ、自分によく似合った浴衣を神妙に着て、満足そうでした。

隣の部屋では、男性会員がモデルになって男性の着付けを担当&指導?皆さん、とてもお似合いでカッコよくステキでした。

その後、新会員によるミニ茶道紹介。当日は飲食禁止のため、粉末抹茶を使ったデモンストレーションのみでしたが、茶室での正式なお茶会だけではなく、日常でも楽しめるお茶の紹介は、留学生にとって新鮮に感じられたようでした。きちんと正座した後ろ姿もかわいかったです。

短時間ではありましたが、日本庭園、深沢キャンパスの周辺散策もできました。

いっぱい撮って頂いた写真は、学生さんたちの良い記念になることでしょう。

皆様方のご協力本当にありがとうございました。

駒澤大学深沢キャンパス 日本館座敷にて
深沢キャンパス前にて日本館座敷にて

深大寺散策・浴衣体験会参加感想文

キム・ボムさん(駒澤大学、大韓民国東国大学出身)

〇深大寺散策 (6/26実施)

深大寺では自然がとても美しかったです。そして見物できる小さな店もたくさんあって楽しかったし、そば屋もおいしかったです。途中で休む時間を持つことができて、そしてプログラムが長すぎず、時間も適当だったのが良かったです。

その日は体の調子がちょっと悪かったけど、皆さんがずっと気遣ってくださいました。体調についても聞いて下さって、席があくたびに私が先に座れるように配慮していただいて本当にありがとうございました。

〇浴衣体験会 (7/2実施)

浴衣体験も本当に良かったです。浴衣を着るのをとても親切に手伝ってくださって、簡単に浴衣を着ることができました。髪飾りもとてもうれしかったです。そして日本館の場所がとてもきれいで写真がよく撮れて、大満足でした。

途中でちょっと散歩に出かけたのですが、その散歩した場所もとてもきれいだったんです。茶道についても会員さんが短く教えていただいて良かったです。

浴衣を着ることも全部手伝ってくださって、写真もたくさん撮っていただいて本当にありがとうございました。私はもちろん、私の家族もその写真を見てたいへん喜びました。

いろいろありがとうございました。

駒澤大学深沢キャンパス 日本館内筆者のキムさん

世田谷区内に名所旧跡を訪ねる散策(2022.5.28)

駒澤大学部会 畑中正彰(三井物産OB)

夏の気配を感じる5月28日(土)、長かったコロナのインターバルから3年ぶりの来日となった駒澤大学の交換留学生を迎え、グループ交流の第1弾として世田谷区内の名所旧跡を訪ねる半日ツアーを実施しました。

この半日散策は駒澤大学が所在する世田谷区への理解を深めて欲しいという願いと三井V-Netの会員との親睦を図ってもらうことを目的にしています。

今年は、交換留学生6人、会員11名、合計17名の皆さんに参加いただきました。

訪問先は、「招き猫」が有名で彦根藩井伊家の菩提寺である豪徳寺、地域の鎮守社として 1,000年以上の歴史があり秋の奉納相撲で有名な世田谷八幡宮、そして井伊家の所領であった世田谷の代官であった大場家の邸宅跡でした。

当日午後1時に東急田園都市線駒沢大学駅の集合でしたが、何と午後1時には全員集合し、 これには幹事はじめ古いメンバーが大感激するなか、三軒茶屋に向かいました。

三軒茶屋で世田谷線一日乗車券を購入し、第一目的地である豪徳寺の最寄り駅である宮の坂に向かいました。 豪徳寺は世田谷区にある曹洞宗のお寺で、「招き猫」発祥の地と言われています。

1633年に井伊家の菩提寺となり現在に至っていますが、幕末に暗殺された大老井伊直弼もこの地に眠っています。

今回参加してくれた留学生の皆さんは、まず参道から入ってお寺の大きさに驚き、井伊家の墓所、三重塔、招福殿、仏殿等をゆっくり見て回り。途中実際にお線香をあげたりしましたが、招福殿近辺にお供えされている大小数多くの招き猫には特に感激してくれたようで、皆さんスマホで撮影していました。 豪徳寺拝観後、宮の坂駅を挟んで豪徳寺と反対側にある世田谷八幡宮を訪ねました。

ここも歴史ある古い神社ですが、毎年9月の秋季大祭行われる奉納相撲は江戸三相撲として知られています。

神社内にある土俵は未整備のものですが、今年の留学生も土俵の上で模擬相撲をやってくれ、全員で土俵を体験しました。 その後、世田谷線の沿線沿いにしばらく歩き、HANAKOとかTVに時たま出る隠れた人気の和菓子店を訪問し、留学生の皆さんにどら焼きと大福もちを味わってもらいました。 フィンランドからの留学生には、甘い味付けの小豆が不思議だったようです。

その後、ちょっとブレイクを取り、帰路に上町で下車して世田谷代官屋敷跡(表門と主屋:国指定重要文化財、屋敷全体:東京都指定史跡、彦根藩世田谷領の代官を世襲した大場家の役宅)を訪問して3年ぶりの世田谷散策は終了しました。

今年は一か所にゆっくりと時間が取れたこともあり、留学生と参加会員の皆様との交流も 深まったのではと思います。

今回、この半日イベントに変わらぬご助力を頂きました会員の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

以上

世田谷散策写真(撮影:佐藤 貴美雄氏)

豪徳寺山門前にて豪徳寺境内にて
豪徳寺境内にて豪徳寺境内にて
豪徳寺にて世田谷八幡宮にて
世田谷代官屋敷前にて

江の島散策 (2019.12.15)

駒澤大学部会 白井信雄
(三井住友銀行OB)

12月15日(日)、駒澤大学部会では5月のイベント「鎌倉散策」に続き江の島と富士山を楽しむイベント「江の島散策」を実施しました。この企画は昨年に続いて2回目。参加者は、留学生7名と会員5名の合計12名。

当日は、9時20分駒沢大学駅に集合。留学生1名が体調を崩して急きょ欠席をしましたが、他の留学生は遅れることなく集まり予定通り出発。東急線・小田急線を乗り継ぎ、11時過ぎ片瀬江ノ島駅に到着。

昨年は、スタート前に特徴ある駅舎を背景に記念写真を撮りましたが、今年は駅舎工事中でかなわず。来年の東京オリンピックでは江の島がセーリング競技の会場となるため、それに合わせて来年5月工事完了予定とのこと。竜宮城をイメージして1929年に建設された旧駅舎は「関東の駅100選」(国土交通省)にも選ばれていただけに、新駅舎がどのようなものになるか楽しみ。

藤沢市観光案内センターで「江の島1dayパスポート」を購入し、いよいよ江の島散策スタート。昨年は曇りでしたので天気を心配していましたが、今年は風もなく初冬の暖かな日差しを浴びての江の島巡り。おかげさまで、片瀬の浜や江の島弁天橋から富士山の姿を眺めることができました。

江の島弁天橋を渡りながら、北斎が富嶽36景の中で江の島を描いた浮世絵と現実の景色を見比べてもらうも、留学生の浮世絵への関心は今一つ。例年のことながら少し寂しく思いますが、日本の若者でもきっと同じだろうなと妙に納得。

そうこう考えているうちに、江の島に上陸。青銅の鳥居を抜けると弁財天仲見世通り、飲食店や土産物店が並ぶグルメ通りだ。通りの先、朱の鳥居の向こうに江島神社辺津宮へと続く階段が聳えるようにわれわれを迎える。でも今年は、階段を昇らず江の島名物「エスカー」を利用して辺津宮に向かう。

この江島神社は、552年、島の洞窟(御窟、現在の岩屋)に神様を祀ったのが始まりとされる。御窟が本宮。辺津宮は下之宮ともいい、1206年、源実朝が鎌倉幕府の繁栄を祈って創建したとも伝わる。境内にある茅の輪をくぐると身が清められると聞いて、会員に続いて留学生もくぐる。奉納された絵馬が珍しいのか、はたまた書かれている願い事が面白いのか、しきりと絵馬を捲りながら読んでいた留学生達。

次の中津宮は、853年に創建。1689年、徳川綱吉により権現造りの社殿に再建。さらに1996年の全面改修により、当時の鮮やかな朱色に再現されている。江島神社の妙音弁財天像は、江戸時代から音楽芸能の上達を願う歌舞伎役者をはじめ多くの人々に人気があり、当時から行楽地として栄えた江の島を象徴するもの。ここ中津宮にも、歌舞伎役者ゆかりの石灯籠などがあり、その一つ歌舞伎役者の手形に自分の手を合わせて喜ぶ学生もいた。

12時も過ぎたので、昼食をとるべく予約していた食堂「富士見亭」に急ぐ。4代続く昔ながらの食堂での昼食。メニューは、江の島名物のしらす丼やさしみ定食をはじめ、親子丼やらいろいろ。各自思い思いに注文。留学生は名物のしらす丼を敬遠、この店一押しの江の島丼に人気が集中。テラスの向こう相模湾越しに富士山を眺めながらの食事となる。会員が「あれが箱根、こちらが伊豆半島、向こうは伊豆大島」と説明するも学生は食事に専念。

おなかも満たされたところで、江の島岩屋に向け出発。急な階段を降りたところが稚児ヶ淵。ここは、関東大震災により1メートルほど隆起した波食台地。富士山を一望でき「かながわ景勝50選」の一つにも選ばれている名所。きらきらと輝く相模湾と富士山を背景に集合写真を撮って江の島岩屋に向かう。

江の島岩屋は、江の島の最奥部にある洞窟。波の浸食によってできた海食洞窟(奥行152メートル)で、かつて弘法大師や日蓮上人が修行したと伝えられる江の島信仰発祥の地だ。手渡されたろうそくの光を頼りに、神秘的な洞窟を進む。途中、LEDライトのイルミネーションが現れて年配の会員はやや興醒め。でも学生達は大喜び、一足早くクリスマス気分を味わっていた。

岩屋を出て、波打つ岩場でしばらく楽しんだのち、先ほど降りてきた階段を登ってサムエル・コッキング苑に向かう。この階段がきつい。周りの景色を楽しむこともなく、ひたすら階段を登るだけ。ようやく着いたサムエル・コッキング苑では、展望灯台(江の島シーキャンドル)に昇る。ここはエレベーターだから、会員の面々は一安心。高さ60メートル(海抜101.5m)の展望台フロアからは、富士山、湘南海岸、伊豆半島、そして鎌倉が一望できる。海にはたくさんのヨットが浮かんでいたが、何でもジュニアの全国大会が開催されていたらしい。東京オリンピックでは、まさにここがセーリング競技の会場となる。盛り上がる留学生を展望台フロア―に残して、会員たちは温かなコーヒーを求めて一足先に苑内のカフェに急ぐ。苑内は夕暮れを待たずに少しライトにも光がともり、その後合流した学生達と「湘南の宝石」(関東三大イルミネーション認定)と言われるイルミネーションの片鱗を楽しんだ後、今日のお目当て夕日に浮かぶ富士山を見るべく弁天橋に向かう。

途中、台湾からの留学生のリクエストがあり児玉神社に参拝。ここは、明治の軍人・政治家児玉源太郎を祀っている。日本では、日露戦争を勝利に導いた一人として有名だが、台湾の人にはインフラの整備等に尽力した台湾総督としてよく知られているらしい。また、留学生から教えられた。これも三井V-Netの活動に参加しているおかげと感謝。

日没まで少し時間があったので仲見世通りで時間調整した後、弁天橋から夕焼けを背に浮かび上がった富士山を眺める。その神々しさに思わず息を呑む。

ここで全行程終了。一路、片瀬江ノ島駅に向かう。参加した皆さまお疲れさまでした。

今回のイベントで色々とサポートしていただいた本部事務局や会員の皆さま、ありがとうございました。参加した留学生諸君ならびに会員の皆さまご協力ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

以上

・片瀬海岸藤沢市観光センター前にて・稚児ヶ淵にて
・サムエル・コッキング苑展望灯台にて・弁天橋からの富士山

昭和記念公園紅葉鑑賞ウオーキング(2019年11月17日)

駒澤大学部会 滝川博志
(三井物産OB)

今年も恒例の奥多摩紅葉狩りウオーキングを計画し既に10月初めから参加募集も始めていたのですが、10月中旬に来襲した台風19号の被害で予定していたハイキングコースが全面通行禁止、10月末になっても解除の見通しが立たなかったために、急遽、行先を立川の昭和記念公園に変更して実施しました。

昭和記念公園は東京近郊の紅葉の名所の一つで、且つ交通の便も良いので以前より奥多摩の代替地候補の一つと考えていた場所でしたが、今回初めての実施となり事前に現地の下見を行い、公園内の紅葉が見られる場所や昼食のためのレストランなどを確認の上で散策コースを決定して当日に臨みました。

今回の参加者は留学生7名、会員5名の合計12名。当日朝8時に田園都市線駒沢大学駅に集合、溝ノ口経由で9時頃に立川駅到着。朝食を取っていない留学生のために駅のコンビニで軽食を購入する時間を設けた上で、徒歩で昭和記念公園の立川口に向かい、開園時間の9時半すこし前に到着。ここで開園時間を待つ間に留学生達は先ほど買った食べ物で腹ごしらえをしました。

入場すると正面に縦に長い池と両脇にイチョウの並木が現れ、一面黄色い世界となります。ここで集合写真を取ってからウオーキングをスタート。

イチョウ並木を抜けて水鳥の池まで来ると橙や茶色に色づいた林が池を取り巻き、紅葉狩りの気分が高まってきました。ところが園内の紅葉の名所の一つ花木園まで来たところ、部分的に染まっている紅葉はあるものの、全体的にはまだ緑の葉が多くで紅葉はこれからという状態。幹事としてはいささかがっかりと言ったところでした。この後川沿いの散歩道、かたらいのイチョウ並木、こどもの森を経て11時に昼食予定地の渓流広場レストランに到着。

レストランと言っても屋外のセルフサービスの店で、料理もカレー、ラーメン、焼きそばが中心の、いわゆる公園の売店に毛の生えたようなものですが、ここでは会員と留学生が席の確保、料理の注文、料理運びなどを協力しあい和気藹々の雰囲気で過ごしました。

12時前に昼食を終了、後半のメインである日本庭園へ。入口を過ぎて目にしたのは真っ赤に色付いた紅葉の木、更に周りには黄色・橙の木々が入り混じり、日本の秋の美に留学生からも歓声が上がりました。日本庭園の中には盆栽園があり、ここでは紅葉の盆栽も展示されており留学生の興味を引いていました。

日本庭園を楽しんだ後、公園の北端に近いこもれびの里を見学、ここは日本の農村を模したところで、如何にも秋の農村と言う風情でした。ここでそろそろ疲れを感じ一旦休憩。休憩の後この公園最大の広場−みんなの原っぱの真ん中を突っ切り、2時少し前に公園の南端にある西立川口に到着。予定通りに西立川駅から帰途に就きました。

この日は天気にも恵まれ、青空に映える銀杏や紅葉の景観に留学生も存分に楽しんでくれたようです。来年以降秋のウオーキングをまた奥多摩の紅葉狩りに戻すか、それとも昭和記念公園で行うか、留学生へのアンケート結果や参加された会員のご意見も聞いて考えてみたいと思っています。

以上


目黒雅叙園「いけばな×百段階段2019」鑑賞(2019年10月26日)

駒澤大学部会 竹田 努
(三井住友信託銀行OB)

秋晴れの一日、駒澤大学の留学生9名と三井V-Net会員8名で生け花と日本の伝統建築鑑賞を目的に目黒雅叙園・百段階段を訪れました。 >>続く


鎌倉探訪イベント(2019.5.25) 

駒大部会 鈴木 徹夫
(東芝OB)

駒大部会では恒例の鎌倉探訪イベントを5月25日(土)に実施した。参加者は留学生8名(台湾、中国、韓国、アメリカ、フィンランド)と会員8名の計16名であった。

8時、全員時間通りに集合して田園都市線駒澤大学駅を出発。鎌倉駅には9時半に到着した。快晴と思いの外少ない人出に恵まれ、ゆったりと段かずらを歩いて鶴岡八幡宮に向かった。留学生はあらかじめ配布された参考メモを読んできたので、歴史的背景を理解しながらの参拝となった。 >>続く


世田谷区内の名所旧跡を訪ねて(2019.5.11)

駒澤大学部会
畑中 正彰(三井物産OB)

5月ゴールデンウィーク明けの5月11日(土)、駒大部会では来日間もない留学生に駒沢大学が所在す る世田谷区への理解を深めて頂くイベントとして世田谷区内の名所旧跡を散策する午後の半日ツアーを行いました。>>続く


江戸東京博物館見学と三井ゆかりの日本橋を訪ねて

(2019年4月21日実施)

駒澤大学部会 白井信雄
(三井住友銀行OB)

駒澤部会では、今年度最初のイベントとして、留学生11名と会員6名合計17名が参加し、4月21日に江戸東 京博物館(江戸博)見学と三井ゆかりの日本橋地区を訪ねました。コースは、まず江戸博を見学し両国で昼食、 その後日本橋地区へ移動して日本橋、三越、三井本館、日銀本館等を見学し、最後に日銀貨幣博物館を見学するというもの。>>続く


新留学生との顔合わせ会(2019年4月8日)

駒澤大学部会 竹田 努(三井住友信託銀行OB)

この春も駒澤大学に新しい交換留学生8名がやって来ました。出身は、例年の中国、台湾、韓国、米国に加えて、今年初めてフィンランドからの学生を迎えました。 >>続く


招き猫発祥の地を訪ねて(2018.6.23)

駒澤大学部会 畑中 正影(三井物産OB)

梅雨真っ盛りの6月23日(土)、駒大部会では世田谷区の名刹であり、「招き猫」発祥の地 と言われる豪徳寺とその帰り道にある商店街を散策する半日ツアーを行いました。>>続く


江の島散策 (2018.12.09)

駒澤大学部会 白井信雄
(三井住友銀行OB)

12月9日(日)、駒澤大学部会では5月の鎌倉探訪イベントに続くシリーズ第2弾として、江の島と湘南の海 そして富士山を楽しむイベント「江の島散策」を実施。参加者は、留学生10名及び会員4名合計14名。>>続く


奥多摩紅葉狩りウオーキング(2018年11月18日)

駒澤大部会 滝川博志
(三井物産OB)

今年で3回目の奥多摩紅葉狩りウオーキングを11月18日の日曜日に実施しました。奥多摩駅の一つ手前の 白丸駅から氷川渓谷まで約2時間のコース。参加者は留学生6名と駒澤大部会の会員6名の12名です。>>続く


駒沢大部会 茶道体験会 実施(2018.11.10)

駒澤大学部会会員 横山美代子(三井物産OG)

平成30年11月10日(土)駒沢大学部会では交換留学生の為に茶道体験会を実施しました。参加者は留学生10名、会員 5名でした。>>続く


ボランティア活動を振り返って(2018.6.9)

駒澤大学部会
横山美代子(三井物産OG)

昨年度を振り返ると「浴衣体験会」「着物体験会」そして「茶道体験会」「振袖体験会」と例年になく多 くの体験会を開催していました。どうしてこんなに頑張れたのでしょうか??>>続く


鎌倉探訪イベントの実施(2018.5.26)

駒大部会
鈴木 徹夫(東芝OB)

平成30年5月26日、駒大部会では交換留学生のために鎌倉探訪イベントを実施しました。 参加者は留学生12名と会員5名でした。>>続く


江戸東京博物館&日本橋見学 (2018年4月22日実施)

駒澤大学部会 白井信雄
(三井住友銀行OB)

4月22日、駒澤部会では今年度最初のイベントとして、リニューアルされたばかりの江戸東京博物館 (江戸博)&三井ゆかりの日本橋地区見学を実施。この4月に来日したばかりの学生を中心に12名の留学生と会員8名が参加。>>続く


2018年春/新留学生との顔合せ会(2018.4.10)

駒澤大学部会 畑中 正彰(三井物産OB)

毎年4月になると、駒澤大学へはアジア、アメリカ等から10名前後の交換留学生の方々が入学されます。 留学期間は、基本1年間で、6か月の方もおられます。>>続く