■ 本部(東京)/福祉/湘南倶楽部

平成12年より、JR大磯の社会福祉法人エリザベス・サンダース・ホームの草刈り、落ち葉掃きの園内清掃や、自転車修理をしています。活動は、毎奇数月の第二土曜日の午前10時頃から、1時間半程度です。 連休や夏休みは、園児と共に、竹トンボ教室や木工教室を開いています。秋には園内のホールでチャリティ・コンサートを開き、収益金を寄付しています。また、鎌倉市役所と連携で由比ヶ浜や、鎌倉山の清掃も行っています。


〜活動レポート〜

湘南倶楽部 ESH清掃活動再開の日(2021.11.27)

湘南倶楽部 石塚 洋(東芝OB)

2021年11月27日(土)、「湘南倶楽部エリザベス・サンダース・ホーム(以下ESH)の清掃活動」が再開されました。

昨年3月以降コロナ緊急事態宣言発令でESH園内清掃活動は休止していたので、何と1年10か月ぶりの再開でした。

当日午前10時、17名の仲間が入り口での「検温」「手指消毒」を済ませ、澤田美喜記念館玄関前に元気に集い、久々の再会に“歓喜のあいさつ”を交わしました。

早速事務局より当日の作業方法とエリアについての説明を受け、新規加入会員の自己紹介後、3班に分かれ作業が開始されました。「記念館周辺の落ち葉掃き」「30段ある記念館の石段清掃」 「記念館正門入り口:踊り場の除草作業」を行うことになりました。

落ち葉は時節柄、記念館周辺を埋め尽くす程の積もり様でした。記念館のある丘の上は少々風もあり折角集めた落ち葉が逆風に吹き飛ばされるハプニングもあったり、根の張った雑草抜きに思わぬ労力を費やされました。

しかし、右に“雪に覆われた霊峰富士”、左に“青い海に浮かぶ江の島”を眺めながら、和気あいあい笑い声が絶えず、快適に作業は進みました。1時間弱の作業で記念館周辺は見違えるようにきれいになり,何処からともなく「やった!」との歓声が上がりました。

11時から記念館内にある礼拝堂をお借りし、参加者全員で「ウィズコロナ」、「アフターコロナ」下での望ましい活動について意見交換が和やかに進められました。

「当分、子供たちとの接触を避け、記念館周辺の美化清掃を続けよう」との結論に至りました。

コロナは人と人の絆を分断しました。しかし「湘南倶楽部の仲間意識は分断されることはなかった」と感じさせられる作業となりました。

以上

澤田美喜記念館前にて礼拝堂をお借りしミーティング

エリザベス・サンダース・ホーム(以下ESH)での
  湘南倶楽部会員 夏の活動


【8月3日 子供たちと木工教室】(2019.8.3)

湘南倶楽部会員 石渡戸 征治
(三越伊勢丹OB)

夏休みに入ってまもなくの8月3日、ESHの子供たち16名と湘南倶楽部会員8名、さらにESH職員の方々にも入っていただいて、ESH交流スペースにおいて、午前10時より木工教室を開始しました。講師は湘南倶楽部会員、高橋惠太郎さんで、準備いただいたのは、 「鳥の巣箱」、「本立て」、「ペン立て」、「小物入れ」、「マガジンラック」等々でした。

高橋さんには事前に製品ごとに木材を裁断、それぞれワンセットごとにまとめ、子供たちがすぐに組み立てができるように準備をしてくれていましたが、普段、釘打ちの経験のない児童は釘を打ち始めるとすぐに釘が曲がってしまう等、苦戦をしている子供が多くいました。しかし、会員や職員皆さんの手助けもあり、1時間程度をかけて完成すると、子供たちはマジックで完成した製品に絵をかいたり、名前や記号を入れたり、思い思いに製品作りを楽しんでいました。そして終了後、講師、会員の皆さんにお礼の挨拶をして解散しましたが、子供たちは、自分で制作した品を大切そうに抱えて自室へ。

短い時間ではありましたが、夏の工作物が完成して子供たちにとっては夏の思い出の一つになってくれたと思っています。

会員の皆さんも子供たちと木工製品を作ることが大変懐かしく、子供の頃を思い出しながら、童心に帰った感じで2時間近くを楽しく過ごすことができたと話していました。

終了後は近くのうどん屋さんでお疲れ様会を開催、ビールが大変おいしかったです。

以上

(児童、会員での制作風景)(ESH職員・会員での集合写真)


【9月14日 ESH園内清掃】(2019.9.14)

湘南倶楽部会員 畦地 敏則
(三井物産OB)

夏の暑さが残る9月14日土曜日、6月以来の園内清掃を開催しました。この9月清掃で93回目の開催となります。

会員の参加は15名、東芝エレベータの現役社員の皆様は子供さんを含めて17名と多くの方が参加して下さいました。台風15号の影響で園内の木々が倒れている個所もあり、清掃個所が従来以上に多くなりましたが、大変暑い中にも拘らず、参加された皆さんが精力的に動き、当初予定した清掃内容を十分クリアすることができました。

今回は園内の子供たちも積極的に手伝いをしてくれて、普段以上に和やかな清掃活動となりました。毎回木々等を中心に廃棄物の処分を引き受けて下さっている旭商会さんの運転手の方にもいろいろお手伝いをいただきました。

東芝エレベータの皆様、旭商会さん、今回もご支援本当にありがとうございました。

以上

(中庭 清掃前の集合写真) (清掃前に準備運動風景)


エリザベス・サンダース・ホーム(略称ESH)
  みんなで冬のコンサート開催(2019.2.23)

三井V-Net事務局 湘南倶楽部担当

2019年2月23日、ESH中庭にある「地域交流スペース」において、ESH児童及び職員の皆様と湘南倶楽部会員 も参加して「みんなで冬のコンサート」を開催しました。>>続く



第12回 エリザベス・サンダース・ホーム
チャリティーコンサート開催 (2018.11.23)

本部事務局

11月の3連休初日、23日金曜日午前10時少し前から、紅葉に色づく、大磯聖ステパノ学園 「海の見えるホール」に今年もコンサートの演奏者の皆さんが次々に集合し、ホールでは個々の楽器のチューニング、 そして全体でのリハーサルが順調に進み、ひと段落した午後1時前からは鑑賞に来られた方々が続々と会場付近 に集まり始め、開場時刻の13時30分過ぎにはホールは早くも満席に近い状態となりました。>>続く


エリザベス・サンダース・ホーム(以下 ESH)
児童との木工教室開催(2018.8.4)

湘南倶楽部会員 畔上 政男
(三井不動産OB)

木工教室は例年7月の夏休み前くらいに開催してきましたが、今年は夏休み期間中の8月4日土曜日に開催されました。猛暑の中ではありましたが、室内の作業ということもあり、 私は昨年に引き続き参加させてもらいました。>>続く


エリザベス・サンダース・ホーム創立70周年
澤田美喜記念館開設30周年を記念して園内に桜の植樹

湘南倶楽部 世話人
石渡戸 征治(三越伊勢丹OB)

この度のエリザベス・サンダース・ホーム(以下ESH) 創立70周年、澤田美喜記念館 (以下 記念館) 開設30周年、関係者の皆様、誠におめでとうございます。

私ども三井V-Net 湘南倶楽部は2000年(平成12年) 8月12日に第一回目のESH園内清掃を開始して早いもので18年が経過しました。 >>続く



湘南倶楽部 エリザベス・サンダース・ホームの園内清掃(2018.5.12)

湘南倶楽部 世話人
石渡戸 征治(三越伊勢丹OB)

エリザベス・サンダース・ホーム(略称ESH)の清掃も平成30年5月の清掃で86回目を迎えることができました。 清掃活動はスタートして18年が経過しました。第一回目の参加者は8名でしたが、現在は毎回40名前後の方が参加され ホームの子供たちとの触れ合いも楽しみながら汗を流しています。>>続く