■ 本部(東京)/国際交流/東京大学(柏部会)

東京大学柏キャンパスの留学生を対象として、日本語により一対一で交流し、相互理解を深める活 動です。一対一交流の活動は主に平日となります。
 一対一交流のほかに、30〜40名規模の留学生を引率する社会見学会や、日本文化 を留学生の皆さんに紹介するイベントなどがあります。2か月に1回(偶数月)部会を開催し、部会 の運営などについて話し合っています。


〜活動レポート〜

東大柏部会 留学生向け「書道教室」を開催しました

東大柏部会 鈴木雪生(三井住友海上OB)


日時2017年10月20日(金)16時〜17時半
場所東大柏図書館コンファレンスルーム
参加留学生13名(中国6名、インド3名、韓国2名、ドイツ1名、ブラジル1名)
書道指導柏市書道協会 染谷副会長以下12名
主催三井X-Net東大柏部会11名
共催東大柏国際オフィス(KIO)
染谷副会長の説明を三澤さんが通訳

生憎の雨模様で参加者数が伸びないのではと心配でしたが、開始時間前から集まり始め、「楽しみにしていました」との言葉にホッとしました。

染谷書道協会副会長は、「漢字は篆書(てんしょ)、隷書(れいしょ)、草書、行書、楷書と長い年月をかけて変遷し、紀元600年から紀元900年頃の唐の時代に 完成し現代に至っている」と日本書道についての歴史、伝統としての日本文化、筆の持ち方などの話をされました。 この話をX-Net東大柏部会の三澤会員は分かり易く通訳をしました。

掲示された沢山の手本の中から、各参加者が好みの文字を選び練習開始。中には始めに字の縁取りをしてから中を墨で塗りつぶしていく参加者もいました。書道協会の先生方は個別に姿勢、筆の持ち方、運び方などを丁寧に指導。 いくつかのポイントを指導され書くうちに、みるみるうちに元の字からは想像できないくらいに、漢字風に変化、進歩してい きました。呑み込みが良く先生から「筋が良い」と言われた方もいました。

中国の方は、四文字さらには平仮名までと流石です。複数の文字に挑戦し高い完成度には驚きました。

12人の先生の指導に三井V-Net会員もお手伝い

私も小学生以来の筆を握ってみました。なかなか“とめ、跳ね、払い“など、かっこうがつきません。 初めて筆を握った外国人にとっては、思うように書けずにどんなにかもどかしかったでしょう。しかし多くの方は、 「アーティスティックね!」と楽しんだ様子でした。

清書も完成し、全員そろってはいポーズ

緊張感張り詰める中にも和気あいあいと、1時間半はあっという間に経ちました。私たち日本人にとっても 書道の生活は疎くなっている今日ですが、外国人にとって今日の経験が日本文化への興味と理解が深まる一助になってくれれば有難いと思います。

書き上げた作品2点は、10月27〜28日の東大オープンキャンパスで展示されました。来春には柏市内 で開催される書道協会春季書展でも展示される予定です。



東大柏部会第2回「英語落語会」開催(2017.7.11)

東大柏部会 後藤正隆(三井物産OB)

2017年7月11日(火)17:00〜19:00東大柏キャンパス図書館棟メディアホールにて第2回「英語落語会」 を三井V-Net東大柏部会主催、東大柏国際オフィス(KIO)および東大柏図書館共催にて開催致しました。>>続く



東大柏部会「3月バスツアー」(2017.3.8)

東大柏部会 坂本 純一郎

冬枯れの樹木の隙間から青空に映える洗練された校舎群。平成29年3月8日、今回から3月平日開催に変 更となり当日を迎えた。参加した留学生等は8ケ国、31名。そして運営側は10名であった(KIO2名、学生ボランティア4名、 三井V-Net4名)。柏部会は企画担当の幹事役が2名(含む小生)、当日の運営補助2名、そして車中の「お菓子パック」を女 性会員有志が準備し、参加者全員に配布して貢献した。>>続く



東大柏部会「英語落語会」を開催(2016.11.25)

東大柏部会 宮田 哲(商船三井OB)

11月25日(金)午後5時〜7時に東大柏キャンパス図書館棟メディアホールで英語落語会を三井V-Net柏部会主催、東大柏国際オフィス、図書館共催で開催しました。これは留学生に日本芸能のひとつである落語を紹介するということもありますが、むしろ落語を楽しんでもらいたい、 日本にもこんなにユーモアの文化があるんだよと知ってもらおうという趣旨で開催したものです。>>続く



東大柏部会「書道教室」を開催(2016.10.14)

東大柏部会 三澤 寛

文化・芸術の秋たけなわの10月14日、東京大学柏キャンパスの留学生・研究者を対象とした書道教室が東大柏図書館コンファレンスルームで開催されました。

東大柏国際オフィス及び柏市書道協会の協力のもと、16名の学生・研究者が参加し行われました。>>続く



東大柏部会「生け花教室」を開催しました(2016.7.1)

東大柏部会 近藤正俊(三井住友海上OB)

7月1日に東大柏キャンパス内にて、恒例イベントとなった生け花教室が開催された。本行事は今回で8回目を迎える。毎年、わが柏部会が大学からの要請を受けて企画立案、生け花の先生への連絡、更に当日の運営をサポートする。>>続く



留学生との一対一交流(東大柏部会 2016年5月記)

中沢 幹雄(商船三井ロジスティクスOB)

私が昨年から交流している留学生は、中国の河北省から来られた王哲さんです。

日本語検定一級を目指していた王さんには、過去の問題集と日本語検定4級の問題を中心に教えて来ました。

>>続く



恒例、東京大学柏部会秋のバスツアー(2015.11.7)

東大柏部会 竹内康夫(商船三井OB)

「え!! バス旅行の三井V−Netの幹事?」。米増さん(SMBC)と小生(商船三井) が幹事役に指名されたのは2015年6月。バス旅行といえば往年の社内旅行と上さんとの近場日帰り 旅行の経験しかなく、前者は乗車と同時に朝から酒盛り、後者は退職後の平日で若者、幼児の参加者は皆無。>>続く



留学生のための書道教室開催(2015.10.9)

東大柏部会 宮田 哲(商船三井OB)

東大柏キャンパス留学生を対象とする書道教室を、宇宙線研究所所長梶田教授のノーベル賞受賞で湧く柏キャンパス内で開催いたしました。留学生に日本文化の一端に触れてもらおうとの趣旨で昨年初めて書道教室を開催しましたが、好評であったため継続して開催いたしました。 >>続く



東大柏部会「生け花ワークショップ」開催(2015.7.8)

東大柏部会 中沢幹雄(商船三井ロジスティクスOB)

「天、地、人、これは花を生ける際の三要素でそれぞれ働きがあります」と通訳を交え留学生そしてサマースクール短期インターシップ生に花の生け方を説明するのは、古流松藤会の中島先生です。 >>続く