■ 本部(東京)/国際交流/千葉大部会

千葉大学の留学生を対象として、日本語により一対一で交流し、相互理解を深める活動です。一対一交流の活動は主に平日となります。
 一対一交流のほかに、マイクロバスを利用して実施する留学生社会見学会や、ワークショップと 称して、留学生に日本の企業文化の紹介や「就活」に役立つ情報の提供を行うイベントなどがあり ます。

〜活動レポート〜

千葉大部会 ワークショップを開催

千葉大部会 岩瀬英樹(三井住友銀行OB)

留学生のための就活サポートを主目的として、10年以上連続して開催中のワークショップ。今年も11月27日(火)と12月4日(火)の2日にわたり13名(延べ26名)の留学生を対象として行った。

〇第1回目の内容
 1.「日本企業が求める留学生と就職活動のポイント」
 2.「日本企業での就職体験」
 3.グループディスカッション
 4.アンケート

定番のテーマに加えて、今回は千葉大留学生OBの鄭氏(韓国)から、自身の就活体験と日本企業の職場について丁寧な説明があり、 聴講者達は先輩の経験談を興味深く聞き入っていた。グループディスカッションは3グループに分かれてそれぞれに三井V-Netメンバーが加わって、銀行始めいろいろな企業・業種への質疑応答が活発に行われた。

〇第2回目の内容:
 1.「就職活動のチャンスを活かそう!」
 2.留学生からのアンケートに対する回答・解説
 3.グループディスカッション
 4.アンケート

今回初の試みで外部から現役のリクルーターを講師として招いた就活講座は、就活を自分自身の見直し、発見の機会と捉え、企業へ積極的に?をするポジティブな姿勢が強調され、単なる手続き解説ではないホットな内容が好評を得た。グループ討議でも具体的な面接方法など、現役ならではの情報を交えて熱心な質疑が交わされ、例年に勝る内容の濃い講座を開催できたとの感触を得た。

今年も、三井V-Netからの参加者は10名(延べ15名)と力がこもったサポート体制で、留学生にとっても時宜を得たワークショップへの関心が高く、大学側からも大いに評価された。




千葉大留学生社会見学会の報告(2018.7.9実施)

金井 進(三井物産OB)

2018年7月9日(月)午前8時、小雨降る中、千葉大学国際教育センター前に留学生23名、千葉大学の見城先生、 そして三井ボランティアネットワークの千葉大部会の会員9名、合計33名が集合し、ASUKA社の貸し切りバスに乗車し、 出発した。>>続く


留学生向けワークショップ開催

千葉大部会世話人 井出 袈裟繁(東洋エンジニアリングOB)

長年続いてきている三井V-Net主催の千葉大留学生向けワークショップが今年度も無事終了いたしましたの で報告いたします。>>続く


東京国立博物館で留学生を引率(2017.11.3)

千葉大部会 辻 和夫(三井住友銀行OB)

2017年11月3日の文化の日は、東博の留学生の日でもあり、千葉大留学生と、三井V-Net千葉大部会会員総 勢25名が恒例行事として東京国立博物館へ出かけました。今年一番の秋の好天の中、10時から午後3時ごろまで、 思い思いの見学、庭園散策を楽しみました。>>続く


ホンダ自動車工場及び川越・古い街並み見学の旅(2017.7.11)

千葉大部会世話人 田嶋秋雄

2017年7月11日(火)に千葉大学主催による上記の社会見学会(バスツアー)を催行した。

参加者は留学生が世界16ヶ国から33名、千葉大学教員1名、三井V-Net7名(内事務局1名)総勢41名でした。 >>続く


千葉大部会ワークショップを開催(2016.12月) 

千葉大部会世話人 田嶋秋雄

千葉大部会では例年行われている大きな行事として12月1日(木)、12月8日(木)の両日にわたり留学生 に対しワークショップを開催いたしました。>>続く


千葉大学留学生社会見学会 (2016.7.3)

千葉大部会 正木 進(三井化学OB)

筑波宇宙センタ−・サイエンススクエアつくば・地質標本館バスツア−

7月3日(日)に、千葉大学留学生課主催、三井V-Netの協力で、表題の千葉大学留学生社会見学会を行いました。>>続く