■ 本部(東京)/国際交流/千葉大部会

千葉大学の留学生を対象として、日本語により一対一で交流し、相互理解を深める活動です。一対一交流の活動は主に平日となります。
 一対一交流のほかに、マイクロバスを利用して実施する留学生社会見学会や、ワークショップと 称して、留学生に日本の企業文化の紹介や「就活」に役立つ情報の提供を行うイベントなどがあり ます。

〜活動レポート〜

東京国立博物館で留学生を引率(2017.11.3)

千葉大部会 辻 和夫(三井住友銀行OB)

2017年11月3日の文化の日は、東博の留学生の日でもあり、千葉大留学生と、三井V-Net千葉大部会会員総勢25名が恒例行事として東京国立博物館へ出かけました。今年一番の秋の好天の中、10時から午後3時ごろまで、思い思いの見学、庭園散策を楽しみました。展示物の解説、本館ハイライトツアーや九条館のお茶体験、着物体験など博物館のプログラムにそれぞれ自由参加しました。
たまたま平成館では運慶展があり、長蛇の列の賑わいと大勢の人出でした。

正午には、本館前のシンボルツリーの黄葉したユリノキ大木の周りで、留学生とボランティアが三々五々昼食のおにぎりや弁当など食べかつ話が弾み、楽しいひと時を過ごしました。

西千葉キャンパスの国際教養学部学生や亥鼻の薬学部、松戸の園芸学部など学部生、研究生などそれぞれの関心事とテーマを持っていて、一対一交流の別バージョンのような交流の機会が持てました。日韓の歴史認識マスコミ報道の立場など難しいものもありました。タイからの留学生の二人は、何回となくバンコックやアユタヤを訪れているボランティアの方と話が出来て、また東洋館で自国の文化を改めて見てうれしかったと感想を述べてました。

留学生との集合写真

日本で学ぶ外国人留学生が博物館の観覧プログラムを通じて日本の文化・伝統に触れ、いろいろな場でいろいろな日本人と交流するイベントは好評裡に終わった秋の一日でした。我々も初めて見る宝物や、説明を読んで目からウロコの機会となりました。

またイベントの一部は応募したボランティアによって運営されているそうで、三井Vネットとは違った形のボランティアを見る機会となりました。




《参加留学生の感想文@》

東京国立博物館見学

陳妍宇(中国、千葉大国際教養学部短期留学生)

今日は国立博物館の「留学生の日」で、私たちは三井ボランティアの人たちの引率で、見学に行った。ちょうど「運慶展」も開催されていたため、博物館はとても賑やかだった。

私はこれまで、日本を詳しく紹介している博物館にも行ったことはある。しかし東京国立博物館は、日本にいながら世界のことも紹介してくれていた。エジプトのファラオ、中国の磁器、朝鮮のアクセサリー、西洋から最も遠い東の端の国日本、東洋の最東の国日本にたどり着いた文物がそこにあった。

私にとって一番印象に残ったのは、世界各地の仏像だった。中国、日本、インド、パキスタンの仏像は、ざっと見ると全部同じに見えるが、じっくり見ると、その顔の違いに気づく。中国と日本の仏像は顔がポッチャリしていて、中国出身の私には親しみ易く感じた。インドの仏像は恰好よく、パキスタンの仏像は髭があってダンディで、それぞれの特徴があった。集合写真を撮っている時、すぐ隣にいた中国からの観光客が、「東京に来て最初にこの博物館に来て良かったわ」と言っていたのが、印象的だった。

本館の後ろには日本式庭園があった。秋の色に染められた木々の葉が池に映し出され、まるで絵画のような景観に、みんなが足を止めた。それから私は、留学生のために催されたお茶会に参加した。墨画の飾られた応拳館の和室で、紅葉を彩った和菓子を食べながら、お茶を味わった。それは、今までで最も心が落ち着いたお茶体験だった。静かな場所で優しい甘さの菓子とお茶を飲む、日本を少し理解した気がした。

その時、三井の方が、「昔この建物は目の病気を治療する所だった」と言った。この話を聞いたみんなが、私を見て笑った。偶然にも私は、目の病気で眼帯をしていたのだ。

賑わいの現代都市東京の一角にある日本庭園は、静かで美しかった。そこに私が求めていた日本があった。その美しさは今もまだ心に残っている。こうした機会を作って下さった三井の方々に感謝を申し上げたい。

見学が終わった後、 上野のアメ横にある中国料理の店に行った。麻辣湯(マーラータン)を食べるのが目的だった。麻辣湯は、食べたらそれで終わり。お腹は満たされたが、特別な感想はない。でも、博物館で見た「美」は、この作文を書いている今でも余韻を残してくれる。

《参加留学生の感想文A》

MY VISIT TO TOKYO NATIONAL MUSEUM

REGINIO, FLORENCIO JR., COLLADO (Student from Philippine, Chiba University)

Entrance gate of Tokyo National Museum

The Tokyo National Museum won’t be called the oldest and largest art museum in Japan if not for the thousands of art works and archeological artifacts that are indeed treasures from the past. It was a surreal experience to visit a place that collects, preserves, and houses a comprehensive and nearly a hundred national treasures. I and my friends, students from Chiba University, arrived at the entrance gate around 9:30 AM with so much expectations as the facade of the center building embodied an overflowing historical atmosphere. There was a long queue at the ticket booth as the whole country was also on a public holiday. Because that day, “International Students’ Day” was also celebrated, a special lane was made for us. We immediately entered the place and went to our first destination which was the Heiseikan building. Same as the entrance, we were faced with a long queue snaking around in front of the building. Later we realized that the reason for the long lines was because of the special exhibition of Unkei, which is regarded as the great master Buddhist sculptor. Though his works can be seen with a paid entry fee, there were areas in the place that had free access. And those were the places we visited.

Ancient jars from prehistoric period

A spectacular view of Japanese artifacts collections with English labels was housed in the 1st floor of Heiseikan building. From the polished stone tools used in Paleolithic Era, clay figurines from Jomon period, ancient jars and accessories from Yayoi period, mirrors with extrinsic designs made during Kofun period, up to the gold coins from the Edo period, which is regarded as the start of modern period. After roaming around the area, we found a group of volunteer guides who asked us to join the guided tour. We waited and joined in the tour as we thought this was a great help to understand the collections better and have more information about the items. However, the language used in the tour was Japanese; I and other non-Japanese students had a hard time understanding the message conveyed by the guides. We ended up reading again the English labels of the items displayed the same way we viewed them at the start, without the tour guide. So we decided to leave the group and explore other things by ourselves. And all of us agreed to have our next destination be the Japanese Green Tea Service.

Japanese green tea service experience

The Japanese Green Tea Service was the most interesting part of the tour for me. Our eyes were already satisfied with the numerous collections in Heiseiken; this tea ceremony part was like a culminating activity where we experienced the traditional serving of green tea. Though the event had a 300 yen participation fee, the experience was more than enough to make a memory that will surely last for a lifetime. We were welcomed by the staff wearing kimono and facilitated us to the venue. We were showed of the proper way the tea ceremony is held. That was my first time to drink authentic matcha. The drink was not that bitter as I thought it would be. I am not a tea-drinker but after that experience, there was a slight shift in my perception about green tea.

After letting our eyes be amazed with the picturesque view of the garden, we went directly to Honkan building, the original Main Gallery, where Japanese arts and works could be found. Japanese sculptures, paintings, Buddhist statues and even the collection of Prince Takamado, were the things we saw in this part of the museum. The highlight in this part which caught my attention for a minute was the Japanese swords and samurai armor. There was also a kimono-wearing experience in the area. I wanted to try wearing the traditional garment but only 2 slots available during the time we arrived. And two of my friends were very eager to try it that’s why we gave the slots to them. I hope they increase the number of slots available for this, especially during holidays, since tourists and non-Japanese will be very curious and excited to experience what is like to wear a kimono.

Standing Bodhasattiva

Since some of my friends were waiting for their slot in “Try on a Kimono”, I decided to visit the Toyokan building where artifacts from different regions in Asia could be seen. Most of the items here were related to Buddhism. What I liked in this part was a video presentation about the Jomon period which was showed free in the Museum Theater. It was like we had a short trip to the Jomon Period in a form of a movie. One of the nicest things here was the English audio guide available for international visitors. Because of this, I did understand and was able to relate to the message of the presentation. Though no written records about the items found, it could represent the life and works of the people in the Jomon period. After the movie presentation, I went to the other buildings like Hyokeikan and Gallery of Horyuji Treasures. But because some areas needed a ticket before one could enter, I just roamed around the places with no participation fee.

It was a 6-hour tour and yet there were still areas in the Tokyo National Museum that I was not able to see. I hope someday these areas will be included in the ticket price or can be offered at a lower price, especially to students, to enjoy and see the whole place. Also, it is better if English-guided tours should be formed for international visitors as they may understand more the history behind the different artifacts that are housed in the museum as well as the history of Japan.

Facade of Honkan building

Though the displays are very interesting, aside from the English and Japanese labels, it is recommended to have a short discussion of each artifact because some are just displayed without any label in it or has limited information. Moreover, addition of more interactive displays and activities can break the monotonic pattern of a typical museum in some way. But overall, this visit in Tokyo National Museum provides me a valuable insight into the numerous factors that have shaped the Japanese culture.

(和訳)

「私の東京国立博物館訪問記」

東京国立博物館は、もし、過去から伝わる偉大なる何千もの芸術作品と考古学的造形物がなければ、日本で最も歴史がありかつ壮大な美術館と呼ばれることはなかったのではない だろうか。幅広い分野に及ぶ千近くの国宝を収集保存し展示をしているこのような場所を訪れるのは非日常的な経験であった。千葉大で学ぶ友人たちと博物館入口に到着したのは午前9時半で、博物館の建屋は既に歴史感が滲み出ていていやがうえにも期待感が高まった。入場券売り場には祝日ということもあり長い行列が出来ていたが、この日は「留学生の日」ということもあり、留学生専用販売レーンを作ってくれていた。入場券を買って中に入ると早速最初のお目当ての平成館に向かったが、入口同様何重もの入館待ちの行列が出来ていた。後でわかったことだが、この長い行列は偉大なる仏像彫刻師とされている運慶の特別展目当ての行列だった。運慶展は追加料金を払えば見ることはできたのだが、我々は常設展のみ見ることにした。

平成館1Fには日本の工芸品、すなわち、旧石器時代の研磨石器や、縄文時代の土偶、弥生時代の水瓶や装飾品、海外から伝来したと思われる意匠の銅鐸などから、現代の始まりとされている江戸時代の大判小判に至るまで、目を見張るほどのスケールで英語の簡易パネルとともに展示されている。展示を見て歩いていると、ボランティアガイドの団体を見つけ参加を勧められた。展示についてのより多くの情報を知り、かつよりよく理解するのに大いに役に立つと考えたのでしばらく待って参加してみたが、日本語でのガイディングだったので、私と友人数人は説明をよく理解できなかった。結局は最初の展示から英語の簡易パネルを見直す羽目になってしまった。グループを離れ単独行動で見学せざるを得なかったが、友人たちともに日本の茶道を体験してみることにした。

日本の茶道体験はこの日の博物館訪問の中で最も興味ある体験となった。我々は平成館の数々の展示を見たことで満足していたのだが、この茶道のお点前の体験は本当に最高のひとときで、300円の参加費用は払ったが、十二分に生涯思い出に残る体験となった。着物を着たスタッフに迎えられ会場に案内された。茶道の正しい作法を見学することができた。独特の風味の抹茶は初体験であったが、思ったほど苦みは感じなかった。私はお茶派ではなかったが、この茶道体験を機に緑茶に好みがシフトした気がする。

日本庭園の絵画のような風景を堪能した後、日本の絵画、美術品が展示されているメイン・ギャラリーである本館に向かった。日本の彫刻、仏像、高円宮コレクションなどがこちらには展示されていた。本館で最も興味を引いた展示は日本刀と鎧兜であった。着物体験コーナーもあった。私は日本の伝統的な着物を着てみたかったが、我々が着いた時には2組しか試着できず、友人二人がどうしても着たいというので、彼らに譲った。特に連休中は興味を持って着物体験をしてみたいという外国人観光客が多いだろうから、もう少し枠を増やしてくれればいいのにと思う。

友人たちが着物体験をしている間、アジアの様々な地域の美術工芸品が展示されている東洋館を見学してみることにした。展示物の大半は仏教関連のものであった。ここで私が気に入ったのは美術館のシアターで上映されている、縄文時代に関する無料紹介ビデオであった。映画という形を通して縄文時代にちょっと小旅行に行ってきた気分になった。ここのいいところは海外からの観光客のために英語のオーディオガイドが用意されていることである。このオーディオガイドのお陰で展示内容を正しく理解し、解説のポイントを把握することができた。個々の展示に文字で書かれたものはなかったが、縄文時代の人々の生活や仕事について概ね理解できるようになっている。このビデオを楽しんだ後、表慶館や法隆寺宝物ギャラリーなどを見学した。しかしながら展示の中には追加料金が必要なところがあったので、無料の部分だけを見学することにした。

以上延べ6時間に及ぶ見学であったが、まだまだ東京国立博物館には私が今回見学できなかったところがある。いつの日かこれらの展示が常設展に含まれるか、もしくは特に学生が少し低価格ですべての展示を見学し楽しめるようになることを願いたい。そして、外国人観光客のために英語の館内案内が実現すると、個々の展示の歴史的背景などを日本の歴史と併せてよりよく理解できるようになるのでなおさら望ましいと考える。全ての展示が言葉の違いを抜きにしても大変興味深いのだが、できれば、個々の展示に説明が無かったり、あっても簡単な情報しか付いていないことが多いので、短くてももう少し解説を付けてはどうかと考える。更に言えば、もう少しインタラクティブな展示と活動を付け加えれば、美術館にありがちな退屈なパターンは打破できるのではないだろうか。

しかしながら、今回の東京国立博物館の見学することによって、結果的には、日本文化を形作る無数の要素について価値のある洞察ができるようになったと思う。


ホンダ自動車工場及び川越・古い街並み見学の旅(2017.7.11)

千葉大部会世話人 田嶋秋雄

2017年7月11日(火)に千葉大学主催による上記の社会見学会(バスツアー)を催行した。

参加者は留学生が世界16ヶ国から33名、千葉大学教員1名、三井V-Net7名(内事務局1名)総勢41名でした。 >>続く


千葉大部会ワークショップを開催(2016.12月) 

千葉大部会世話人 田嶋秋雄

千葉大部会では例年行われている大きな行事として12月1日(木)、12月8日(木)の両日にわたり留学生 に対しワークショップを開催いたしました。>>続く


千葉大学留学生社会見学会 (2016.7.3)

千葉大部会 正木 進(三井化学OB)

筑波宇宙センタ−・サイエンススクエアつくば・地質標本館バスツア−

7月3日(日)に、千葉大学留学生課主催、三井V-Netの協力で、表題の千葉大学留学生社会見学会を行いました。

8時千葉大学を出発、留学生24名、千葉大学教員1名、三井V-Net10名(内事務局1名)、総勢35名が参加し、 快晴のもと車内での自己紹介を行い、周りの方との会話も弾む中、予定通り10時に筑波宇宙センタ−に到着しました。>>続く


東京国立博物館見学記(2015.10.10.)

田辺清郷(三井化学OB)

10月10日(土)は恒例の東京国立博物館の留学生の日です。

千葉大の留学生31人を引率して、博物館の見学をしました。千葉キャンパスから15名と松戸キャンパスから16名が参加しました。三井V-Netのメンバーは井出さん、高山さん、古田さん、田嶋さん、正木さん、田辺の6人でした。留学生にとって、好天に恵まれ、爽やかな秋と日本の文化を鑑賞し、リフレッシュした1日だったと思います。 >>続く


千葉大留学生社会見学会(2015.7.6.)

井出 袈裟繁(東洋エンジニアリングOB)

H27留学生社会見学会は7月6日、千葉県銚子にきまり企画実行幹事さんとして 地元出身の岩瀬さん並びに副幹事として加藤さんが選ばれ、ご苦労いただいた。当日は台風の影 響で生憎の雨天模様となってしまったが、予定通り無事実施ができた。近年バス事故多発のとばっちりを受け 貸切バス料金の値上がりの苦しい状況下、今年も大型バスを仕立てて恒例のバスによる留学生向け社会見学会を行 うことが出来喜ばしいことでした。>>続く


ベトナム人留学生チンバトク君との一対一交流について

千葉大部会 田嶋秋雄(三井住友建設OB)

日本での就職を希望している建築都市科学専攻のベトナム人留学生が一対一交流を望んでいるとのことでその相手として建築学科出身ゼネコンOBの私に白羽の矢が立ち、チン君とはH25年8月に三井V-Net事務局の大橋さんと3人で初めてお会いしました。>>続く