■ 本部(東京)/医療/東大病院

東京都文京区本郷7-3-1
東京メトロ丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩10分

活動日:月曜日から金曜日
活動内容:外来受付案内・院内案内
イベント開催時の手伝い・その他


〜活動レポート〜

東大病院でのボランティア10年を振り返って(2013.10月記)

会員 澤田 明広(三越伊勢丹OB)

61歳で三越を定年退職し遅まきながら今後について考えていた時、三井V−Netよりボランティア募集等の案内の小冊子が届きその中に東大病院でのボランティア活動の事が掲載されていました。

2003年の春のことでした。早速申し込みをし、その年の7月に東大病院で講習を受け、その後見習い期間を経て採用されて今日に至っています。

病院でのボランティアが何たるかも分からず参加したため初めは戸惑うことばかりでした。初めて病院へいらっしゃる方々のご案内、再来機での受付のお手伝い、車椅子の介助、視覚障碍者の介助、エレベーターの介助、診療科・院内施設のご案内、小児病棟から院内学級への送り迎え等多岐にわたっています。

そして初めて活動を行った際まず驚いたのは、来院する方が余りにも多いことでした。多い日には来院される方が1日に4,000名を超える日があり、つくづく我が身の健康を有り難く思いながら、健康に不安のある方々の支えに少しでもなれたらと活動を続けています。

ボランティア活動が初めての私が10年間続けてこられたのは、無理をせず一か月に2回、 一日3時間の最低活動基準を目安として楽しく元気に活動してきたのが結果的に良かったと思っています。

今は男声コーラスに所属し特別養護老人ホーム・各種養護施設・病院・教会・幼稚園・刑務所などをボランティアでの演奏活動、また尾瀬保護財団のボランティアを行っています。しかしこの10年私自身のことでいうと5年半前に脳梗塞を患い、母が96歳で他界、娘が結婚など色々なことがありましたが、今では生活の一部になりつつあるボランティア活動を、自分自身のためにも今一度初心に戻り、今後も続けさせて頂くつもりです。 ボランティアに関心のある方は堅苦しく考えず、気楽に挑戦してみてはいかがでしょうか。 新しい人生が開けるかもしれません。