■ 本部(東京) 文化・教育

日本郵政製の 未使用(書き損じも可)はがき および 未使用切手 を収集し、協力団体である 公益財団法人 民際センターを通じて換金のうえ、東南アジア僻地にて経済的に恵まれない 子供たちの中学就学支援を目的とするダルニー奨学金に『三井V-Net』名義にて提供して います

使用済み切手 につきましては、協力団体を経て換金し インド・インドネシアにおける 持続可能な農業や農村開発プロジェクトへの支援金として活用しています

※使用済みインクカートリッジは情勢の変化により一定の換金額の確保が見込めなくなり 収集を取りやめました これまでのご協力に心より感謝申し上げます

資金の原資となる各種物品につきましては、ご登録いただいているボランティア会員様に 限らず 広く一般の皆様からのご提供も大歓迎いたしますので、三井V-Netの各事務局(東京・ 大阪・広島)までご持参もしくはご送付いただければ幸甚です

各事務局所在地

・本部(東京)
   〒107−0052 
 東京都港区赤坂3−11−3 赤坂中川ビル3F
 TEL:03−5570−2181 FAX:03−5570−8035

・関西支部(大阪)
 〒556−0011
 大阪市浪速区難波中1−12−5 難波室町ビル7F
 TEL:06−4396−8680 FAX:06−4396−8681

・中国支部(広島)
 〒730−0017
 広島市中区鉄砲町6−7 中川ビル5F
 TEL/FAX:082−222−5101


〜活動レポート〜

2020年度「三井V−Net」名義によるダルニー奨学金への支援報告

三井V−Netではご登録いただいているボランティア会員の皆さまのみならず、運営会員会社の部署単位でのご協力や各社のOB/OG会を介して三井V-Netの活動に関心を寄せてくださる多くの皆さまより、このチャリティ活動の原資となる物品の収集に多大なるご協力をいただいております。

ここに改めてみなさまの温かいお気持ちに厚く御礼申し上げます。

『書き損じによる未投函の日本郵便製はがき』や『未使用切手』のご提供は年間通して本部(東京)・関西支部(大阪)・中国支部(広島)の各事務局にて受け付けております。 

ご提供品は年末ごとに取りまとめ、三井V−Net設立当初よりご協力いただいている公益財団法人民際センター にお引き渡しし、そこで展開している国際教育里親型支援「ダルニー奨学金※」に充てるために換金され、東南アジアのタイ国にて経済的に恵まれない家庭の子どもたちに中学校における基礎教育をうけるための奨学金として活用いたしております。

現在、ひとりの一学年に必要とされる奨学金の額は14,400円(例:額面50円のはがきは換金し36円となり400枚必要となります)となっており、2019年の1月より12月までの一年間にお寄せいただいた提供品の換金額も合わせ2020年度分として前年度同様4名の中学生を支援することができました。

そのうちの半数は2021年度末あるいは2022度末の卒業までの学費が確保できました。

全世界が感染症による未曾有の困難に立ち向かっている昨今ではありますが、 ステイホームや対面を極力控えてご協力いただける社会貢献活動として、引き続き多くのご支援をお願いいたしたく、ご家族やご友人にもお声掛けいただければ幸いでございます。

※ダルニー奨学金に参加することにより支援する子どもの報告書(写真とプロフィール)が届き「顔が見える、成長が見守れる、1対1の教育支援」として身近に実感することができます
子どもには支援者のお名前が送られます。(公益財団法人民際センター ホームページより)

ご支援により2020年度に中学2年生に進級した生徒
(2021年度末の卒業までの学費も確保できております)


2019年度「三井V−Net」名義によるダルニー奨学金への支援報告

三井V−Netではご登録いただいているボランティア会員の皆様のみならず運営会員会社の社員や OB・OGの皆様のほか三井V−Netのホームページやニュースレターをご覧いただいた一般の皆様からも『書き損じによる未投函の日本郵便製はがき』や『未使用切手』のご提供を年間通して本部(東京)・関西支部(大阪)・中国支部(広島)の各事務局にて受け付けております。 

ご提供品は年末ごとに取りまとめ、三井V−Net設立当初よりご協力いただいている公益財団法人 民際センター にお引き渡しし、そこで展開している国際教育里親型支援「ダルニー奨学金※」に充て るために換金され「三井V−Net」の名義にて東南アジアのタイ国にて経済的に恵まれない家庭の 子どもたちに中学校における基礎教育の機会を提供するための奨学金として活用いたしております。

現在、ひとりの一学年に必要とされる奨学金の額は14,400円(例:額面50円のはがきは換金して36円となり400枚必要となります)となっており、2018年の1月より12月までの一年間にお寄せいただいた提供品の換金額も含めて2019年度は4名の学生を支援することができました。またその半数はすでに卒業までの3学年分の学費を確保できております。

現地の奨学生に代わりましてご協力いただきました皆様にあらためて厚く御礼申し上げます。
 引き続き多くの温かいご支援をお願いいたしたく、ご家族やご友人にもお声掛けいただければ幸いでございます。

 ※ダルニー奨学金に参加することにより支援する子どもの報告書(写真とプロフィール)が届き  「顔が見える、成長が見守れる、1対1の教育支援」として身近に実感することができます。
  子どもには支援者のお名前が送られます。(公益財団法人民際センター ホームページより)

2019年度入学の新一年生(卒業までの3年分の学費が確保されております。)


2018年度「三井V-Net」名義によるダルニー奨学金への支援報告

三井V-Netでは『書き損じなどによる未投函の日本郵政製はがき』や『未使用切手』 を日ごろより収集し 一年ごとにとりまとめて換金のうえタイ国の経済的に恵まれない家庭の 子どもたちに中学校における基礎教育の機会を提供するための奨学金として役立てております。

2017年の1月から12月までに三井V-Netの本部(東京)および関西支部(大阪) 中国支部(広島)の各事務局にお寄せいただいたご提供品は、公益財団法人『民際センター』にて展開 している国際教育里親型支援「ダルニー奨学金※」に「三井V-Net」の名義にて 2018年度分として活用させていただきました。現在、一年間にひとりの学生に必要とされる奨学金 は14,400円となっており、おかげさまで8名の子どもたちの学費に充てることができ、そのうち 5名が2018年度をもって無事3年間の中学校生活を全うすることができました。

ご登録いただいているボランティア会員の皆様はじめ、運営会員会社の現役社員の皆様や 三井V-Netのニュースレターやホームページをご覧いただいてご協力くださった会員以外の多くの 皆様にも現地の奨学生に代わりまして厚く御礼申し上げます。

ぜひご友人やお知り合いにもお声かけいただきまして、引き続き心温まるご支援を お願い申し上げます。

※ダルニー奨学金に参加することにより支援する子どもの報告書(写真とプロフィール)が 届き「顔が見える、成長が見守れる、1対1の教育支援」としてより身近に実感することが できます(公益財団法人民際センター ホームページより)

皆様のご協力により2018年度に新一年生となったタイの女子中学生
(ご支援によりこの学生の卒業までの3年分の学費は確保されています)


公益財団法人 民際センターより感謝状を授与される(2018.11.9)

三井V-Netではご提供いただいた『書き損じなどによる未使用の日本郵政製はがき』 や『未使用切手』を協力団体である公益財団法人民際センターを経て経済的に恵まれ ない東南アジアの家庭の子どもたちに基礎教育の機会提供のための支援金原資として 役立ててきました。

このたび三井V-Net設立当初からの永年にわたる民際センターへの協力に対し 感謝状を頂戴しました。>>続く