■ 三井V-Net会関西支部

三井V-Net会会則   三井V-Net会関西支部細則

〜三井V-Net会とは〜

三井V-Netにボランティア登録された会員の皆様で構成する集まりです。ボランティア活動を充実させるための検討や、ボランティア会員相互の親睦・情報交換を行います。


〜活動レポート〜

関西サロン特別企画『旧三井家下鴨別邸への誘い』開催

関西支部事務局

2011年10月に関西支部事務所にて開設した”関西サロン“は、会員間の交流促進と三井V-Net活動の活性化を図る趣旨で、当初はもっぱら会議室での情報交換会でしたが、2013年10月の神戸市立博物館を皮切りに年1回程度、ボランティア活動先の現場として種々博物館等を見学することにより、新たなボランティア活動者の募集促進に寄与しています。

情報交換会風景

2017年3月24日(金)にはボランティア会員33名が、昨年10月に公開され、京都の新たな観光名所となった重要文化財『旧三井家下鴨別邸』を訪問しました。

大正硝子を通した
庭の眺め

まず主屋2階座敷にて素晴らしい庭 園を眺望しながら京都泉仙の仕出し弁当にて昼食会を開催し、交流を図った後、ガイドさんに三井家の歴史、旧三井家下鴨別邸の見どころ等を説明していただき, 引 き続き1階座敷、庭園等を見学しました。

主屋をバックに集合写真

1階座敷では和菓子付き抹茶(500円) が大人気で庭園を眺めながら楽しむ方も多く、最後に再び主屋2階座敷にて情報交換会を開催し、日々のボランティア活動についての意見交換を行いました。参加者からは、「三井家ゆかりの施設を見学できて大変よかった」「いずれボランティアに応募 してみたい」等の感想が聞かれ好評でした。


"関西サロン"が面白い

関西支部事務局

会員の活動分野・活動日が異なり会員間の情報・意見交換を行う場がないことから、会員間の交流促進と三井V-Net活動の活性化を図るため、関西支部事務所に2011年10月、月1回の"関西サロン"を開設、2014年6月以降は隔月にて開催しています。

その運営方針は、●気軽に参加、自由に情報・意見交換 ●毎回テーマを変え、幅広い情報交換(例)今回「留学生交流」、次回「病院・福祉」 ●終了後に有志昼食会(関西サロン番外編)

上:関西サロン 
下:奈良国立博物館 見学会 参加者の皆様

毎回15名前後の会員が参加、活発な情報交換が行われ、交流の輪が広がって、"定年後の異業種交流"を和気藹々と楽しんでいます。また活動分野間の相互理解により複数分野の活動者が増えています。

更に関西サロンでは、ボランティア活動先として、神戸市立博物館、司馬遼太郎記念館、人と防災未来センター等の見学会を随時開催しています。各種ボランティア活動先の現場を見学することにより、新たなボランティア活動者の募集を促進しています。

2015年12月11日(金)にはボランティア18名が奈良国立博物館を訪問し、講堂にてボランティアの活動見学と相互交流を行いました。その後、「庭園」と開催期間中の「おん祭展」を見学しました。参加者からは、「該館ボランティア世界遺産グループの仏様の姿での説明が大変良かった」「良く勉強されていて感心した」等の感想が聞かれ好評でした。