■ 関西支部(大阪)/国際交流/大阪大学


第18回大阪大学・地域団体ボランティア留学生連絡支援協議会が平成22年2月9日大阪大学コンベンションセンターにおいて支援34団体152名、大学教職員38名が出席して開催されました。理事・副学長・辻毅一郎教授の挨拶に続き留学生センター長・菊野亨教授から「大阪大学留学生センターの取り組みと今後の展望」について下記のテーマで講演がありました。

1. 大阪大学の国際化拠点整備事業 グローバル30

(福田首相が提唱した留学生30万人受け入れ計画。優秀な留学生を獲得するため拠点大学30校を選定し重点的に支援する)

グローバル30と留学生センターの展望
(1) 発展的改組
(2) 学内,地域、世界と
(3) 受入れ
(4) 派遣

2. 留学生センターの活動の紹介

 
留学生日本語スピーチコンテスト
パネルディスカッション

(1) 日本語教育
(2) 短期留学
(3) サポートオフィス
(4) IRIS(留学生交流情報室)

講演の後「留学生日本語スピーチコンテスト」の入賞者による「私の留学生生活」の発表が行われました。中国、ベトナム、インドネシアの留学生から日本の留学生生活での苦労話や感想を流暢な日本語でスピーチをして聴衆の感動を呼び大きな拍手を得ていました。


大阪大学留学生ホストファミリープログラムへの参加

関西支部事務局

大阪大学では、留学生および地域社会がお互いの文化・習慣を正しく認識し、相互理解を深めることを目的として 「大阪大学留学生ホストファミリープログラム」(略称/OHP)が実施されています。このプログラムは対象を大阪大学に学ぶ外国人留学生とし、大阪大学近郊の地域の市民ボランティアの参加のもとに、家族ぐるみで率直かつ気軽な交流活動をすすめること、 および大学・家族・留学生が適宜相互に助言し、相談に対処していくことを主旨としています。

平成28年9月、関西支部ボランティア会員3家族にて初めてOHPに申し込み、吹田キャンパスにて開催された、「留学生とホストファミリーの出会いの会」に参加しました。

「出会いの会」では、まず、国際教育交流センター長の有川友子教授から大阪大学ホストファミリープログラムの内容を説明いただき、引き続き、ホストファミリー53組の出会いの会(マッチング面談)が行われました。

 
OHP出会いの会(マッチング面談)風景

各参加団体の皆さんは手慣れた様子で、それぞれ紹介された留学生と和やかに面談していましたが、私たちは初体験のため、どんな留学生が現れるのだろうか、はらはらドキドキと待っていました。いざ会ってみると皆明るく笑顔の素敵な留学生であったので安心しました。

6ヶ月間の短い期間ですが、実り多く有意義な交流となりますよう祈っております。


留学生交流で生まれた新たな楽しみ

太田 正隆(登録会員)

「大阪大学の留学生ホストファミリープログラムに三井ボランティアネットワークからも参加することになったそうだ。閑なら、やってみないか」。昨年、仕事をリタイアして間もなく、会社の先輩から誘いがあり、三井V-Netの活動に加わりました。

最初のイベントは留学生対象の新聞社の見学会。大阪大学大学院の韓国出身の女子学生と知り合いました。この人は、丁寧な日本語を、敬語を交えて話します。韓国も大変な競争社会だそうで、若者は日本以上に就職や結婚で困難に直面しているようです。「貨幣価値や物価、すべてが安定している日本にひかれる」という言葉が印象に残りました。日本語を使う大学の勉強は大変なようでした。

 
筆者と留学生

10月には、大阪大学ホストファミリー制度に沿って、22歳のドイツ人男子留学生と半年間の交流がスタート。理系の物理学専攻で、柔道部に入り、日本人の生活や文化に関心があるようです。東京から休暇で戻った息子や娘を交えて食事をする機会があり、私の家族4人から、ドイツの家や、ガールフレンド、食べ物や車の話などで質問攻めに遭っていました。帰国前には、仕事をリタイアした父親や妹を呼び、一緒に日本旅行をするそうです。

短い間ですが、留学生に良い印象が残り、長い目で見て、役に立つ交流ができればと思います。

 
留学生と筆者(中央)


大阪大学の留学生らと「毎日新聞社大阪本社見学会」開催

関西支部事務局

(刷り上がったばかりの夕刊に見入る留学生たち)

2016年3月15日(火)大阪大学留学生交流のオープニングイベントとして、日本の新聞社の仕組みを理解するため、「毎日新聞社大阪本社見学会」を開催し、大阪大学の留学生ら5名とボランティア8名が参加しました。

集合写真

編集局や印刷工場などを見て回り、巨大な輪転機や新聞発行システムの素晴らしさに留学生も感嘆して見学していました。参加した留学生からは、「新聞社の様子が現地見学できて感動した」「決められた時間に発送できるようにする皆さんの努力と忙しさが印象に残った」「ガイド様の説明がとてもよかった」「留学生としてすごくいい経験になり、参加してよかった」等の感想が聞かれました。