■ 関西支部(大阪)/環境保全/須磨海岸クリーンアップ(神戸市須磨区)


毎年、春と秋にクリーンアップ関西が主催する国際クリーンアップキャンペーンに三井V-Netから協賛参加しています。
三井物産関西支社、三井造船関西支社、三井生命労働組合近畿北支部から現役も多数参加されます。


〜活動レポート〜

「須磨海岸クリーンアップ活動に初めて参加して」

上田 章夫(三井不動産OB)

三井V-Netとの出会いは2016年、旧三井家下鴨別邸の一般公開の立ち上げ準備をしていたとき、ボランティアの助けを借りることになり、紹介されたのが最初でした。翌年2月に登録しましたが、同11月に開催された大阪マラソンがデビューとなり、今回の2018年春の須磨海岸クリーンアップが2回目のボランティア参加でした。

須磨海岸クリーンアップ当日の4月22日は天候に恵まれ、浜辺は爽やかだろう、との期待をもって須磨海岸に着くと、気温は高く初夏を思わせるものでした。浜辺には熱心な参加者が既に集まっており、微笑ましいリクレーションを兼ねた、よちよち歩きのお子さん連れの家族から私のような高齢者まで、幅広い年齢の方が大勢おられました。

昨年はもっと大勢の参加があったと関係の方から聞きましたが、初めて参加する自分にとっては大勢の参加者を見るだけで驚きです。大会関係者の説明後、クリーンアップが始まり、ごみ袋を片手に広々とした浜辺を歩きました。日ごろ体験しないサクサクと足裏に伝わる感触に何とも言えない新鮮さを感じつつ、いつの間にか無心でごみを拾っていました。

初めての参加のため自分で拾ったごみの量がどの程度か判断出来ません。想像していたほど多くは拾えていませんが、この日一日、とても有意義な体験でした。来年も機会があれば参加したいと思います。

私は通勤列車の車窓から須磨海岸を眺める機会が多く、春は潮干狩り、夏は海水浴、それ以外の時期は砂遊びする人、釣り人が静かな浜辺で思い思いに過ごしている風景を長年見て来ました。今回参加したことで分かったのは、大切な自然の環境を守るには、このような地道な活動の支えが、今後も必要だということでした。

「砂の感触が新鮮」と話す
上田さん

2017年 秋の須磨海岸ビーチクリーンアップ活動に参加して

野島 一博(王子ホールディングスOB)

10月1日、昨年三井V-Netに登録していただいてから、本活動2回目の参加となりました。海岸には昨年と同様、老若男女大勢の方々が集まっておられ、海岸をきれいにしたいという思いは年令、性別関係なく同じのようです。>>続く


2016年秋の須磨海岸ビーチクリーンアップ活動に参加して

井高由幸(登録会員)

昨年秋の須磨海岸ビーチクリーンアップから参加したのですが、その後の神戸マラソンは直前 にケガをしてしまい、今年春の須磨海岸は私事のため急遽キャンセルとなってしまったため、 今回の9月25日が久しぶりの参加となりました。>>続く


2015年秋の須磨海岸クリーンアップボランティアに参加して

斎藤 匡史(三井化学OB)

この度、9月27日(日)の須磨海岸クリーンアップボランティアに3度目の参加をしました。当日の早朝は若干曇り気味の天気でしたが、活動が 始まる頃には秋らしい青空が顔を出し、日差しも強くなり、予報気温の28度を超えたような感じでした。 >>続く


2015年春の神戸須磨海岸クリーンアップ活動に参加して

平松 敏宏(三井製糖OB)

昨年、春の須磨海岸クリーンアップ活動(散乱するごみ収集)に、恩人であり先輩の紹介で初参加し今回で3回目となります。

4月19日(日曜日)、あいにく朝から雨、どうなるのか心配しながら現地へ出向きましたが、幸いにも活動開始前には雨は上がりごみ拾いには何ら支障はありませんでした。>>続く