■ 関西支部(大阪)/医療・福祉/京都大学医学部付属病院

京大病院 図書ボランティア

京都大学医学部附属病院(略称 京大病院)は大文字山が見える鴨川のほとり、熊野神社のすぐ近くにあります。 診療科目32、外来患者1日約2500名、病床数1240を備えた特定機能病院です。 正面玄関を入るとホテルの様な吹き抜けになっており、喫茶ドトールもあって明るい雰囲気を醸し出しています。
図書コーナは3階のロビーに、本の広場 " ほっこり "と表示され多くの書棚に囲まれています。
ここには皆様から寄贈いただいた文庫、新刊書などを中心に約7000冊の蔵書があります。 図書コーナーの利用者は来院患者様、入院患者様、付き添いの方で、読書やちょっと一休みに幅広くご利用いただいております。毎日60名から70名が来訪され、常時30冊程度の書籍が貸し出しされています。
ボランティアの方の作業としては書籍貸出、返却受付、書架の整理等を行っています。 三井ボランティアネットワーク事業団からの紹介でボランティアをされていました森さん(三井住友海上OG)は次のような感想を述べられています。  
「入院されていた患者さんが"ありがとう! ここがあって良かった "と元気にになって退院されることがとっても嬉しく、またがんばろう!と思います。"利用者に気持ちよく使っていただく"ことをモットーにしています。ボランティアは、今までの職場とは違う環境の中で、新しい発見あり、新しい出会いあり、社会とのつながりを持てることを楽しんでいます」。


京大病院・図書ボランティア'ほっこり'に参加して

澤田善夫(東レOB)

三井V-Netのご紹介で、本年6月から表題の京大病院・図書ボランティアに加わり活動を始めました。  私自身7年前に胃がんのために胃全摘出手術を受け、その後現在に至るまで元気に活動出来ていますのも医療施設とその関係者のおかげであると常々感じておりました。そして その入院時の図書コーナーのありがたさがたいへん印象に残っておりまして、患者の皆様方の元気への一助になればと考えてボランティア活動に参加させていただきました。  京大病院のボランティア向けの導入オリエンテーションと健康診断を受け活動を始めて感じておりますのは、患者さんの笑顔に接し楽しくそこはかとない充実感を得られることです。病院に入院されている方たち、外来の患者さんたち、そしてそのご家族の方たちが 図書コーナーに寄って下さり、めいめいがそれぞれの休息のひとときを過ごされています。そして、本を借り出していかれる時に笑顔のありがとうの一言をいただくたびに本当にうれしく感じます。  本の貸出、返却受付、書架の整理等結構忙しくはありますが楽しくまた時節ごとのイベントの開催の裏方も心地よい活動になっております。

また 図書ボランティア'ほっこり'事務局の西崎代表、丹生・赤水副代表の温かいお人柄に接する機会に恵まれたことに感謝し、'ほっこり'の諸先輩の皆様方の助力と人の和に感動しております。加えて、京大病院・事務局医療サービス課の内野宮さん、岡本さん の明るく前向きなバックアップに助けられ楽しんでボランティアに励んでおります。  

現在ボランティアの登録人数も24名となりましたがまだまだご参画頂ける方を募集しておりますので、ぜひとも'ほっこり'の仲間が増えていきますようにご助力ほどよろしくお願い申し上げます。